近鉄弥富駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
近鉄弥富駅*
駅舎とホーム(2008年4月4日)
駅舎とホーム(2008年4月4日)
きんてつ やとみ - KINTETSU-YATOMI
佐古木 (2.4km)
(3.4km) 近鉄長島
所在地 愛知県弥富市鯏浦町西前新田51
所属事業者 近畿日本鉄道(近鉄)
所属路線 名古屋線
キロ程 16.1km(**近鉄名古屋起点)
電報略号 ヤト
駅構造 地上駅橋上駅
ホーム 2面4線
乗降人員
-統計年度-
12,124人/日
-2008年-
開業年月日 1938年昭和13年)6月26日
乗換 弥富駅JR関西本線名鉄尾西線
備考 ** 正式な起点は伊勢中川駅
* 改称経歴
- 1940年 関急弥富駅→参急弥富駅
- 1941年 参急弥富駅→関急弥富駅
- 1944年 関急弥富駅→近畿日本弥富駅
- 1970年 近畿日本弥富駅→近鉄弥富駅

近鉄弥富駅(きんてつやとみえき)は、愛知県弥富市鯏浦町西前新田にある、近畿日本鉄道(近鉄)名古屋線である。

近鉄線では愛知県最西端の駅になる。地上にあるが標高は海面を下回っている。

駅構造[編集]

待避可能な島式2面4線のホームを持つ橋上駅である。名古屋方面のホームには6両分の屋根があるが四日市方面には両端1両分ずつ屋根がない。改札口は1ヶ所のみ。出入口は南北双方、桑名寄りに1ヶ所ずつとなっている。エレベーターは各ホームとコンコースを結ぶものと改札外の各出口とコンコースを結ぶものの計4基が設置されている。

のりば[編集]

1・2 名古屋線(下り) 四日市大阪神戸賢島方面
3・4 名古屋線(上り) 名古屋方面

内側2線(2番線と3番線)が主本線、外側2線(1番線と4番線)が待避線である。

特徴[編集]

列車の接続・追い越し[編集]

  • 急行停車駅であり、夕方ラッシュ時には、四日市方面の全ての急行が、当駅で準急・普通に連絡する。
  • 近鉄名古屋を急行の4分後に発車する特急(25分発名伊甲特急、夕方の45分発名伊乙特急)は、当駅で急行を追い越す。

改札関係[編集]

  • 自動改札機・自動精算機設置駅(回数券カードに対応。但しスルッとKANSAI及びJスルーカードには非対応)。改札機は日本信号製。赤い自動改札機は出場時2枚一括処理、PiTaPaICOCA対応。
  • スルッとKANSAI及びJスルーカードはエリア外のため本来は使用できないが、3台あるうちの2台の券売機は、同カードを挿入することにより切符を購入することができる(正式にアナウンスされてはいない)。
  • 定期券・特急券自動発売機で特急券及び定期券の購入が可能。

その他[編集]

  • 四日市方面への急行が待避可能な駅は、この駅を出ると四日市駅までない(桑名駅、富田駅は待避不可)ため、運行上の大きなネックとなっている[要出典]
  • 総合駅にはなっておらず、JR・名鉄の弥富駅との乗り換えには一旦改札を出る必要がある(両駅間は徒歩約3分)。
  • 1967年富吉検車区開業前は、名古屋方面からの普通列車は原則として当駅(終日)または近畿日本蟹江駅(現・近鉄蟹江駅、朝夕の増発分)で折り返していた。その後は1983年まで早朝・深夜に当駅始発・終着列車が存在したが、現在では消滅している。ただし現在も電車の方向幕には弥富の表示が残っている。
  • 地上駅で日本で最も低いのは近接するJR・名鉄の弥富駅とされているが、本によってはこの「近鉄弥富駅」を最低としているものもある[要出典]。概略は弥富駅#日本一低い駅を参照。
  • 奈良線等で導入されている液晶ディスプレイ式の列車案内が名古屋線でも設置され始めており、当駅にも名古屋線では富吉駅に次いで2番目に設置された。

利用状況[編集]

  • 利用者数は、近隣のJR・名鉄の弥富駅を大きく上回り、弥富市の中心市街地の真ん中にある。
  • 近鉄弥富駅の利用状況の変遷を下表に示す。
    • 輸送実績(乗車人員)の単位は人/年度である。
    • 乗降人員調査結果は任意の1日における値(単位:人)である。調査日の天候・行事等の要因によって変動が大きいので年度間の比較には注意を要する。
      • 2008年11月18日の調査結果によると、1日の利用客は12,124人(前回2005年11月8日の調査では12,343人)。
        • 近鉄の全調査対象駅(287駅)中、64位。
        • 名古屋線の駅(44駅、他線接続駅含む)の中では、9位。
        • 愛知県内の近鉄の駅(11駅)の中では、3位。
    • 表中、最高値を赤色で、最高値を記録した年度以降の最低値を青色で、最高値を記録した年度以前の最低値を緑色で表記している。

駅周辺[編集]

中京圏の一大ターミナルである名古屋駅を除くと、JR・名鉄・近鉄の3社がそれぞれ乗り換えられる唯一の駅である。

路線バス[編集]

  • 弥富市コミュニティバス(従来の「弥富市巡回福祉バス」に替わり、2010年6月21日から運行を開始)
  • 愛称はきんちゃんバス(この愛称は市民から公募をつのり決まった名前)(正式に決定する前からきんちゃんバスと呼ばれていた。)
    • 北部ルート 近鉄弥富駅 - 弥生・桜・白鳥学区方面(右回り・左回り)
    • 南部ルート 近鉄弥富駅 - 大藤・栄南学区方面(右回り・左回り)
    • この他に、主に旧・十四山村地区を回る「東部ルート」もあるが、こちらは当駅ではなく近鉄佐古木駅発着である。
    • 利用料金(1回)
      • 大人…200円
      • 高校生以下、障がい者…100円
      • 75歳以上、未就学児(保護者同伴のみ)…無料
    • 運行時刻・経路等については、弥富市ホームページを参照のこと。
  • 木曽岬町自主運行バス(コミュニティバス)
    • 中央線 近鉄弥富駅 - 上松永
    • 利用料金(1回)
      • 一般…200円
      • 高校生以下、65歳以上、障がい者、未就学児(保護者同伴のみ)…100円

歴史[編集]

隣の駅[編集]

近畿日本鉄道
名古屋線
急行
近鉄蟹江駅 - 近鉄弥富駅 - 桑名駅
準急・普通
佐古木駅 - 近鉄弥富駅 - 近鉄長島駅

関連項目[編集]

外部リンク[編集]