近江中庄駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
近江中庄駅
駅舎
駅舎
おうみなかしょう - Ōmi-Nakashō
近江今津 (4.8km)
(3.2km) マキノ
所在地 滋賀県高島市マキノ町中庄中下1043
所属事業者 西日本旅客鉄道(JR西日本)
所属路線   B   湖西線
キロ程 58.0km(山科起点)
京都から63.5km
電報略号 オナ
駅構造 高架駅
ホーム 2面2線
乗車人員
-統計年度-
321人/日(降車客含まず)
-2012年-
開業年月日 1974年昭和49年)7月20日
備考 無人駅
ホーム

近江中庄駅(おうみなかしょうえき)は、滋賀県高島市マキノ町中庄中下にある、西日本旅客鉄道(JR西日本)湖西線である。

駅構造[編集]

8両編成対応の相対式ホーム2面2線を持つ高架駅である。分岐器絶対信号機を持たないため、停留所に分類される。

線内唯一の終日無人駅堅田駅管理)であり、出入り口には改札・窓口は設けられていない(待合室トイレはあり、お互いに向かい合っている)。ICOCA利用可能駅(相互利用可能ICカードはICOCAの項を参照)であるが、自動券売機自動改札機はともに非設置。ICOCA等ICカード利用時には高架下通路に設けられたカードリーダーを使用する。2006年10月21日からICOCAエリアに入った北小松駅 - 永原駅間各駅ならびに北陸本線虎姫駅 - 近江塩津駅間各駅のうち、当駅のみチャージ機が設置されていない。集札箱脇に「乗車駅証明書」が何枚かぶら下げられており、現金利用客はリングからこれを引きちぎって車掌に呈示し、携帯型発券機によるレシート状乗車券を購入することになる。その断り書きを記した掲示板も用意されている。

吊り下げ式の運賃表は最近まで主要駅のみを記した簡易型のものが掲示されていたが、西大津駅→大津京駅、雄琴駅→おごと温泉駅双方の駅名改称と同時に、近距離きっぷうりば(1620円区間まで掲載)で見られるものに更新された。どの方向も、ホームからの見通しは非常に良い。山科駅起点58.0kmであることを示すキロポストは、下りホームの下に隠れて立っている。

近江中庄駅プラットホーム
ホーム 路線 方向 行先
1   B   湖西線 下り 近江塩津敦賀長浜方面
2   B   湖西線 上り 近江今津京都方面

ダイヤ[編集]

日中に当駅に停車する列車は新快速のみで、1時間あたり1本が停車する。各駅停車区間であっても「普通」としては扱わず、「新快速」「快速」表示を出し続けているが、国鉄時代に湖西線北部への行楽輸送を目的に臨時列車扱いで運転されていた快速(当時行楽シーズンを中心に近江今津駅まで延長運転されていた堅田駅折り返しの新快速とは別に設定されていた)は、当駅を通過していた。

京都・大阪方面行きで近江今津駅での増結がある列車は、同駅到着前に誘導信号に従うため、当駅からの所要時分を長く設定している。

利用状況[編集]

「滋賀県統計書」によると、一日平均の乗車人員は以下の通りである。

年度 一日平均
乗車人員
1992年 166[1]
1993年 160[2]
1994年 137[3]
1995年 163[4]
1996年 181[5]
1997年 182[6]
1998年 182[7]
1999年 180[8]
2000年 171[9]
2001年 158[10]
2002年 149[11]
2003年 152[12]
2004年 158[13]
2005年 158[14]
2006年 165[15]
2007年 168[16]
2008年 166[17]
2009年 167[18]
2010年 164[19]
2011年 165[20]
2012年 321[21]

駅周辺[編集]

食堂が1軒・喫茶店が1軒あるのみ、コンビニ等の商店は無い。高島市管理の無料駐車場がある、 西方向には、地理的に有名な扇状地地帯や、北西には天井川百瀬川)がある。

バス路線[編集]

乗り場 系統 主要経由地 行先 運行会社 備考
近江中庄駅   国境線 マキノ病院前・マキノ支所前・マキノ駅 国境 湖国バス
高島運動公園線(南廻り) 北深清水・構口・カームタウン 近江今津駅 湖国バス 1日1本
高島運動公園線(北廻り) 北深清水・運動公園・今津支所前 近江今津駅 湖国バス 1日1本

歴史[編集]

隣の駅[編集]

西日本旅客鉄道
  B   湖西線
新快速・快速・普通
近江今津駅 - 近江中庄駅 - マキノ駅

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]