坂田駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
坂田駅*
近江母の郷コミュニティハウス
近江母の郷コミュニティハウス
さかた - Sakata
米原 (2.4km)
(2.3km) 田村
所在地 滋賀県米原市宇賀野842
所属事業者 西日本旅客鉄道(JR西日本)
所属路線 北陸本線琵琶湖線
キロ程 2.4km(米原起点)
電報略号 サカ
駅構造 地上駅
ホーム 2面2線
乗車人員
-統計年度-
529人/日(降車客含まず)
-2012年-
開業年月日 1931年昭和6年)9月15日
備考 無人駅(自動券売機 有)
* 1954年に法性寺駅から改称。
上り線ホーム入口
下り線ホーム

坂田駅(さかたえき)は、滋賀県米原市宇賀野にある、西日本旅客鉄道(JR西日本)北陸本線である。「琵琶湖線」の愛称の区間にも含まれる。

駅構造[編集]

相対式ホーム2面2線を有する地上駅分岐器絶対信号機を持たないため、停留所に分類される。駅舎として、近江母の郷コミュニティハウスが上りホーム横に設けられているが、自動券売機はその外側に設けられている。

米原駅管理の無人駅であるが、自動券売機にて入場券が販売されている。トイレは、設置されている。

入場時には同ハウスを必ずしも通行する必要はなく、ホーム側面の小さな建物(ICOCA等のための簡易タイプ自動改札機を設置)から直接ホームに入場する動線となっている。また、下りホームへ向かうさいはホーム外の地下道で線路の反対側に回る必要がある。

ホーム高さは920mmで、長浜駅以北の直流化以降も1,100mmへのかさ上げはされていない。

長らく気動車2両分のみのホームで、米原駅・彦根駅発着の区間運転の気動車以外は通過する小さな駅であったが、1991年の長浜駅までの直流化・新快速乗り入れに合わせ、駅の移設と駅舎・駐車場設置が行われた。現在、旧駅の所在地には、駅名標の枠やホームの柵が残っている。

駅西側にある市営の駐車場は無料となっており、駅利用者の利便を図っている。

坂田駅プラットホーム
ホーム 路線 行先
東側(上り線) 琵琶湖線 米原京都方面
西側(下り線) 北陸本線 長浜敦賀方面
  • 上表の路線名は旅客案内上の名称(愛称)で表記している。
  • 案内上ののりば番号は設定されていない。
  • アーバンネットワーク運行管理システムの導入区間内に位置しているが、旅客案内情報処理装置 (PIC) は設置されていない。また、同システムによる案内放送も導入されておらず、従来の接近警報機が引き続き使用されていたが、2011年頃に接近表示機が更新され、「まもなく、列車がまいります。危ないですから、黄色い点字ブロックまでお下がりください」という旨の音声が繰り返し流れるようになった(北隣の田村駅も同様)。

ダイヤ[編集]

日中時間帯は新快速のみ1時間あたり2本が停車する。

利用状況[編集]

「滋賀県統計書」によると、一日平均の乗車人員は以下の通りである。

年度 一日平均
乗車人員
1992年 236[1]
1993年 302[2]
1994年 326[3]
1995年 341[4]
1996年 380[5]
1997年 405[6]
1998年 478[7]
1999年 552[8]
2000年 544[9]
2001年 552[10]
2002年 574[11]
2003年 582[12]
2004年 572[13]
2005年 550[14]
2006年 575[15]
2007年 612[16]
2008年 647[17]
2009年 632[18]
2010年 633[19]
2011年 625[20]
2012年 529[21]

駅周辺[編集]

バス路線[編集]

乗り場 系統 主要経由地 行先 運行会社 備考
坂田駅   木之本米原線 長浜市立病院・長浜駅・木之本バスターミナル 湖北病院 湖国バス 平日2本
木之本米原線 多良口・中多良 米原駅西口 湖国バス 平日1本
多良口・岩脇 米原駅西口 平日1本

歴史[編集]

隣の駅[編集]

西日本旅客鉄道
琵琶湖線(北陸本線)
新快速・普通(京都駅または高槻駅以西は快速となる列車を含む)
米原駅 - 坂田駅 - 田村駅

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]