日田駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
日田駅
駅舎(2007年8月)
駅舎(2007年8月)
ひた - Hita
光岡 (2.4km)
(1.8km) 豊後三芳
所在地 大分県日田市元町11-1
所属事業者 九州旅客鉄道(JR九州)
所属路線 久大本線
日田彦山線直通含む)
キロ程 47.6km(久留米起点)
電報略号 ヒタ
駅構造 地上駅
ホーム 2面3線
乗車人員
-統計年度-
896人/日(降車客含まず)
-2011年-
開業年月日 1928年昭和3年)12月24日
備考 直営駅
みどりの窓口
駅前広場・北側(2007年8月)
駅前広場・南側(2007年8月)
駅構内(2007年8月)

日田駅(ひたえき)は、大分県日田市元町にある、九州旅客鉄道(JR九州)久大本線である。日田市の代表駅。

日田彦山線の列車も全列車が当駅まで乗り入れ、利用が可能である。

駅構造[編集]

鉄筋コンクリート造りの駅舎に接した相対式ホーム1面1線と島式ホーム1面2線の合計2面3線と留置線3本を有する地上駅で、ホーム間は地下道で結ばれている。 今後、全てのホームにエレベーターが設置される予定である。

直営駅で、みどりの窓口自動券売機・液晶ディスプレイ式の小型発車標が設置されている。待合所にキヨスク楽チャリが設置されている。かつては「天領弁当」や「鮎すし」などの駅弁が販売されていたが、現在は「寶屋本店」の弁当がキヨスクで販売されている。

2014年3月15日のダイヤ改正で同駅終着がはじめて日付を跨ぐ形となった。

のりば[編集]

1 久大本線 (上り)久留米方面
2・3
(下り)由布院大分方面
日田彦山線 (上り)田川後藤寺方面

駅弁[編集]

  • たかな巻すし
  • たかなそぼろ弁当
  • 鮎すし

利用状況[編集]

  • 2011年度の1日平均乗車人員は896人(前年度比-22人)である。
乗車人員推移
年度 1日平均人数
2000 (平成12年) 1,363
2001 (平成13年) 1,278
2002 (平成14年) 1,250
2003 (平成15年) 1,210
2004 (平成16年) 1,143
2005 (平成17年) 1,074
2006 (平成18年) 1,049
2007 (平成19年) 1,015
2008 (平成20年) 999
2009 (平成21年) 923
2010 (平成22年) 918
2011 (平成23年) 896

駅周辺[編集]

日田市の中心部であり、大型店や商店街などがある。

バス路線[編集]

駅南側に待合室、売店などを備えた日田バスセンターがあり、福岡へ向かう高速バスや、日田バス大交北部バスの運行する路線バスが発着している。路線バスでは、市内各方面や、鉄道路線のない旧大山町・旧中津江村・旧前津江村方面、杖立温泉方面、耶馬渓を経由して中津市へ向かう路線などがある。

歴史[編集]

隣の駅[編集]

九州旅客鉄道
久大本線
光岡駅 - 日田駅 - 豊後三芳駅
日田彦山線
光岡駅 - 日田駅

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 日本経済新聞1987年2月3日西部朝刊 社会面 17ページ

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

  • 日田駅(駅情報) - 九州旅客鉄道