西添田駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
西添田駅*
駅東側からホームを望む
駅東側からホームを望む
にしそえだ - Nishi-Soeda
豊前川崎 (3.6km)
(1.2km) 添田
所在地 福岡県田川郡添田町大字庄921
所属事業者 九州旅客鉄道(JR九州)
所属路線 日田彦山線
キロ程 38.3km(城野起点)
電報略号 ニソ
駅構造 地上駅
ホーム 1面1線
開業年月日 1903年明治36年)12月21日
備考 無人駅
* 1942年に添田駅から改称。

西添田駅(にしそえだえき)は、福岡県田川郡添田町大字庄にある、九州旅客鉄道(JR九州)日田彦山線。かつては庄貨物駅までの貨物支線が分岐していた。

駅構造[編集]

単式ホーム1面1線を有する地上駅。かつては島式ホーム1面2線であった。

開業当初からの重厚な木造駅舎がJR九州に移管後も残っていたが、その後取り壊され新しい簡易駅舎が建てられた。駅舎には喫茶店が入っていたが閉店した。国鉄時代に無人駅となっている。

かつては石炭の積み出しを行っていたが、現在駅にはその名残はほとんどない。

駅周辺[編集]

添田町の中心地は駅南側から隣駅となる添田駅の間に広がっている。

  • 添田町役場 - 添田駅からのほうがやや近い。

駅東側は炭鉱閉山後も長らくボタ山が残されていたが、現在は造成開発され住宅やスーパーマーケット、公共の文化・スポーツ施設が建ち並ぶ新市街を形成している。

  • オークホール(添田町公民館・音楽堂)
  • そえだサン・スポーツランド(町営スポーツ施設)
  • そえだドーム(添田勤労者体育館)

バス路線[編集]

  • 西鉄バス筑豊 - 10番系統が運行されている。最寄のバス停は駅西側の「西添田駅口」。駅東側へ渡る跨線橋先にもバス停「オークホール前」があるが、本数は少ない。上りは川崎経由後藤寺バスセンター田川市)行き、下りは現在は添田駅経由めんべい添田町工場行きのみ。かつては添田バスセンターを経由し英彦山(豊前坊)方面へ向かう便も設定されていた。

歴史[編集]

隣の駅[編集]

九州旅客鉄道
日田彦山線
快速
通過
普通
豊前川崎駅 - 西添田駅 - 添田駅

関連項目[編集]

外部リンク[編集]