筑後草野駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
筑後草野駅
駅舎
駅舎
ちくごくさの - Chikugo-Kusano
善導寺 (3.1km)
(5.1km) 田主丸
所在地 福岡県久留米市草野町紅桃林244
所属事業者 九州旅客鉄道(JR九州)
所属路線 久大本線
キロ程 15.7km(久留米起点)
電報略号 チサ
駅構造 地上駅
ホーム 2面2線
乗車人員
-統計年度-
137人/日(降車客含まず)
-2011年-
開業年月日 1928年昭和3年)12月24日
備考 無人駅

筑後草野駅(ちくごくさのえき)は、福岡県久留米市草野町紅桃林(ことばやし)にある、九州旅客鉄道(JR九州)久大本線である。

駅構造[編集]

相対式ホーム2面2線を有する地上駅、上下線ともに乗り越し分岐器により安全側線が分岐している。以前は棒線駅であったが、1994年(平成6年)に駅舎が火災で焼失し、新駅舎が建てられたと同時期に現在の形態となった。

現在の駅舎は久留米市の負担で建築されたが、落成後暫くの間権利関係の絡みで「筑後草野駅」の看板・表記をすることができなかった。草野観光会館を兼ねており、かつては古道具屋が駅舎内で営業をしていたが、空き部屋となっており、駅員も常駐しない無人駅である。待合ベンチと時刻表、便所以外の設備は一切無く、券売機POS端末機、改札もないので、本駅から乗車する際は車内で整理券を受け取り、降車時に運賃を支払うか、駅窓口で清算する必要がある。

のりば[編集]

1 久大本線(上り) 久留米方面
2 久大本線(下り) 日田由布院方面

利用状況[編集]

2011年度の1日平均乗車人員は137人である[1]

駅周辺[編集]

駅前の道路を直進するとT字路があり、そこで県道151号(通称:草野並)と交差する。国道210号線を走っていると「筑後草野駅」の所在を示す標識があるが、国道からかなり外れた場所に位置することと、丁字路に出てきたところで駅の所在を示す標識がないため、どこに所在しているのか分かりにくい。「筑後草野駅」の標識が立っている交差点を左折し、道を上っていくと県道151号線の『矢作』という場所に出てくるので、丁字路を左折して道をまっすぐ進んでいくと駅に到着する。

草野並沿いは「草野・紅桃林地区の伝統的町並み」として保存されており、民家が立ち並ぶ中に古民家が保存されている。

歴史[編集]

隣の駅[編集]

九州旅客鉄道
久大本線
善導寺駅 - 筑後草野駅 - 田主丸駅

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 久留米市統計書 (運輸・通信) JR九州各駅の乗降車人員数

関連項目[編集]

外部リンク[編集]