羅漢寺 (中津市)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
羅漢寺
Rakan Temple 03.jpg

本堂
所在地 大分県中津市本耶馬渓町
山号 耆闍崛山
宗旨 曹洞宗
本尊 釈迦如来
文化財 羅漢寺石仏(国の重要文化財)
テンプレートを表示

羅漢寺(らかんじ)は、大分県中津市本耶馬渓町にある曹洞宗寺院である。山号は耆闍崛山(ぎしゃくつせん)。本尊は釈迦如来。日本国内の羅漢寺の総本山である。

概要[編集]

羅漢山の中腹に位置する。岩壁に無数の洞窟があり、山門本堂もその中に埋め込まれるように建築されている。洞窟の中に3,700体以上の石仏が安置されており、中でも無漏窟(むろくつ、無漏洞とも)の五百羅漢は五百羅漢としては日本最古のものである。無漏窟の釈迦三尊像、五百羅漢像などの石仏群は2014年8月21日に国の重要文化財に指定された[1]

歴史[編集]

伝承では大化元年(645年)、法道仙人の創建というが、伝説の域を出ない。

延元2年(1337年)ないし暦応元年(北朝年号、1338年)、円龕昭覚が当地に十六羅漢を祀ったのが実質的な開山である。この時の寺は、現羅漢寺の対岸の岩山にある「古羅漢」と呼ばれる場所にあったと推定されている。延元4年(1339年)には中国から逆流建順という僧が来寺し、円龕昭覚とともにわずか1年で五百羅漢像を造立したという[2]

寺は当初臨済宗であったが、慶長5年(1600年)鉄村玄さく(「さく」は「族」の下に「鳥」)が来寺してから曹洞宗となった。[3]

1943年の火災で本堂を焼失し、現本堂は1969年の再建である。

伽藍[編集]

文化財[編集]

重要文化財(国指定)[編集]

  • 羅漢寺石仏
    • 石造釈迦如来及両脇侍坐像 3躯
    • 石造梵天帝釈天倚像 2躯
    • 石造四天王立像 4躯
    • 石造日天月天立像 2躯
    • 石造龍王立像 2躯
    • 石造十大弟子立像 10躯
    • 石造五百羅漢像 451躯
    • 石造供養具 8点(卓、経机、華瓶、燈籠、供物皿、獅子形香炉)
    • (以上無漏窟安置)
    • 石造五百羅漢像 62躯(窟外所在)
    • 石造竜頭 1箇(鐘楼付近所在)

交通アクセス[編集]

ギャラリー[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 平成26年8月21日文部科学省告示第105号
  2. ^ 県内2件重要文化財へ 文化審議会に答申 大分合同新聞、2014年3月19日
  3. ^ 歴史の節は羅漢寺と耶馬溪展、2009年1月10日閲覧、による。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]