伯太藩

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
伯太藩御殿跡
伯太藩屋敷跡

伯太藩(はかたはん)は、かつて和泉国大鳥郡和泉郡などを領有した。藩庁は和泉郡伯太村(現在の大阪府和泉市伯太町)の伯太陣屋。藩主は譜代大名渡辺氏。藩領は和泉国の他に河内国近江国に点在した。

当初は藩庁所在地が異なり、大庭寺藩(おばでらはん)と称した。なお、本稿では前身の野本藩(のもとはん)についても述べる。

野本藩[編集]

野本藩初代藩主の渡辺吉綱渡辺重綱の五男で、尾張藩家老を勤めた渡辺宗家(1万4千。寺部陣屋)の分家筋にあたる。吉綱は江戸幕府第4代将軍徳川家綱側用人を勤めたのち、1661年寛文元年)に大坂定番となり、河内・和泉両国に1万石を加増されて大名に列した。

吉綱の祖父で「槍半蔵」の異名で知られる渡辺守綱の代から、渡辺氏は武蔵国比企郡を中心に3千5百石を領していたことから、野本藩としての立藩となった。藩庁は比企郡野本村(現在の埼玉県東松山市上野本・下野本)の野本陣屋。2代藩主の渡辺方綱には嗣子が無く、渡辺宗家より渡辺基綱を養子に迎えた。

歴代藩主[編集]

渡辺(わたなべ)家

譜代 13,500石 (1661年~1698年)

  1. 吉綱(よしつな)
  2. 方綱(まさつな)
  3. 基綱(もとつな)

重臣[編集]

今井弥一右衛門  向山利右衛門

和泉国移転[編集]

1698年元禄11年)に武蔵国の所領を近江国へ移されたのを機に、基綱は和泉国大鳥郡大庭寺村(現在の大阪府堺市南区大庭寺)に陣屋を移し、大庭寺藩が立藩された。

1727年享保12年)、基綱は陣屋を和泉国和泉郡伯太村に移し、伯太藩が成立した。表高は野本・大庭寺時代と同じく1万3千5百石で、以後9代にわたり在封した。藩主菩提寺は和泉郡下条大津村(現在の大阪府泉大津市神明町など)の南溟寺。

1871年明治4年)の廃藩置県により伯太県となり、1872年(明治4年)の堺県編入を経て、1881年(明治14年)に大阪府へ編入。1884年(明治17年)に藩主家は子爵となり華族に列した。

歴代藩主[編集]

伯太藩陣屋絵図
渡辺(わたなべ)家

譜代 13,500石

  1. 基綱(もとつな)〔従五位下、備中守 大坂定番〕
  2. 登綱(のりつな)〔従五位下、越中守〕
  3. 信綱(のぶつな)〔従五位下、豊前守〕
  4. 伊綱(これつな)〔従五位下、丹後守〕
  5. 豪綱(ひでつな)〔従五位下、越中守〕
  6. 春綱(はるつな)〔従五位下、大学頭〕
  7. 則綱(のりつな)〔従五位下、越中守〕
  8. 潔綱(きよつな)〔従五位下、備中守〕
  9. 章綱(あきつな)〔従五位下、備中守〕

重臣[編集]

旧伯太藩士屋敷
伯太藩屋敷跡
  • 向山家
  • 伊庭家
  • 長坂家
  • 今井家
  • 白鳥家
  • 佐竹家
  • 野々村家
  • 中村家
  • 杉浦家
  • 小瀬家
  • 小林家
1870年(明治3年)貢進生となり、開成学校・大学南校に入学した小林有也(こばやし うなり)がいる。

幕末の領地[編集]

明治維新後に、和泉郡1村(旧小泉藩領)が加わった。

関連項目[編集]

参考文献[編集]

先代:
和泉国
行政区の変遷
1727年 - 1871年
(伯太藩→伯太県)
次代:
堺県