渡辺守綱

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

渡辺 守綱(わたなべ もりつな、天文11年(1542年) - 元和6年4月9日1620年5月11日))は、戦国時代から江戸時代前期にかけての武将江戸幕府旗本。通称は半蔵。徳川氏の家臣。三河国額田郡浦部村(現在の愛知県岡崎市)出身。三河寺部城主。渡辺高綱の子。子に渡辺重綱、渡辺宗綱、渡辺成綱。

生涯[編集]

三河渡辺氏は、松平氏の譜代家臣で、平安時代嵯峨源氏の武将渡辺綱の後裔を称し、系譜の上では、渡辺綱の孫で肥前松浦氏の祖になる松浦久の孫の渡辺安の後裔と伝える。

守綱は、若い頃から同年生まれの松平家康(のちの徳川家康)に仕えた。槍が得手であり、1562年の三河国八幡の合戦で今川氏家臣・板倉重貞に敗れた際、後尾にあって奮戦した事以来「槍半蔵」と呼ばれ、「鬼半蔵」の服部正成と並び称された。

しかし、熱心な一向宗本願寺)の門徒だったので、永禄6年(1563年)に勃発した三河一向一揆において他の門徒家臣と同じく家康に背き、一向一揆に加わった。一揆が家康によって破られると反逆を許され帰参し、以後は家康の主要な戦いの大半に参加。姉川の戦いでは、旗本一番槍をあげるなどの戦功を重ね、旗本足軽頭として出陣した三方ヶ原の戦い長篠の戦い小牧・長久手の戦いでは先鋒を務めた。なお、長篠の戦いでは山本勘助の嫡子山本勘蔵を討ち取った。

天正18年(1590年)、徳川氏が三河から関東地方に移封されると、武蔵国比企郡に3000石を与えられた。関ヶ原の戦いのあった慶長5年(1600年)には長年の功績を賞せられて1000石を加増、騎馬同心30人の給分6000石を付属させられ、足軽100人の組頭となった。

慶長13年(1613年)、家康の直命によって尾張藩の藩主に封ぜられた家康の9男徳川義直の付家老に転じ、武蔵国の4000石に加えて尾張国岩作(愛知県長久手市岩作)で尾張藩より5000石、三河国寺部(豊田市寺部町)で幕府より5000石を与えられ、あわせて1万4000石を領して寺部城に居城した。慶長19年1614年大坂冬の陣、慶長20年(1615年)の大坂夏の陣に出陣して藩主義直の初陣を後見、元和2年(1616年)の家康死後、領国尾張に入った義直を直に補佐し、元和6年(1620年)に名古屋で死去した。享年79。戒名は守綱院殿釈道喜居士。墓所は愛知県名古屋市興善寺、豊田市の守綱寺。

のちに、その功績から家康配下の徳川十六神将の一人として顕彰された。

その子孫は寺部に1万石を領して尾張藩家老として続き、分家は和泉国伯太藩大阪府和泉市)で1万3000石の大名となった。

関連作品[編集]

映画
テレビドラマ

関連項目[編集]