嵯峨源氏

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
源氏二十一流 > 嵯峨源氏
嵯峨源氏
No image available.svg
本姓 朝臣
家祖 第52代嵯峨天皇皇子皇女
種別 皇別
出身地 山城国
著名な人物 源信
源常
源弘
源融
源等
支流、分家 春朝臣[1]
源融流
 渡辺氏武家
 松浦氏武家
 蒲池氏武家) など
凡例 / Category:日本の氏族

嵯峨源氏(さがげんじ)は、第52代嵯峨天皇皇子皇女を祖とする源氏氏族で、賜姓皇族の一つ。姓(カバネ)は朝臣

概要[編集]

源氏には祖とする天皇別に21の流派(源氏二十一流)があり、嵯峨源氏はその最初の一つで嵯峨天皇から分かれた氏族である。

嵯峨天皇には23人の皇子がいたとされるが、そのうち17人の皇子が臣籍降下して源氏を称した。また、数人の皇女も臣籍降下して源姓を称した。それらの中でも源融の後裔で地方に土着して武家となった系統が著名で、渡辺氏松浦氏蒲池氏などが派生した。

嵯峨源氏は中国に倣い一字名であることで有名である。ただし、源是茂やその弟の源衆望のように二字名の嵯峨源氏もいる。是茂の実父は源融の子の源昇だが、光孝天皇の養子となったために嵯峨源氏特有の一字名を称さなかった。また衆望も光孝天皇の子、源是恒の養子となったことに起因する。

歴史[編集]

源氏初代となった嵯峨天皇の皇子には源信(みなもと の まこと)、源常(-ときわ)、源弘(-ひろむ)、源融(-とおる)などがおり、朝廷の一大勢力をなした。

中でも左大臣に上った源融の子孫は嵯峨源氏融流として最も有名である。また源融は、紫式部の『源氏物語』の主人公・光源氏の実在モデルの1人とされる。

最初は大きな勢力を形成した嵯峨源氏も3代目以降で上級貴族であり続けた例はほとんどなく、中下級の貴族として細々と生きるか、受領として地方に赴任し土着して武士となり新境地を開くしかなかった。

系譜[編集]

嵯峨天皇諸皇子・皇女系譜


源信流、源弘流、源常流


源定流、源明流、源澄流


源融流、源勤流、源啓流

主な嵯峨源氏[編集]

氏族[編集]

融流嵯峨源氏の代表的氏族。源綱(みなもと の つな)が知られる。源綱の父は源宛(箕田宛、箕田源次)で源融のひ孫であり、武蔵権介として関東に下って箕田源次と名のり、平良文(村岡五郎)との一騎打ちで知られる。
源綱は、清和源氏源満仲の娘婿である仁明源氏源敦の養子となり、母方の里の摂津国渡辺(現 大阪市中央区)に住み、同地を本拠地として渡辺綱(渡辺源次)と名のり渡辺氏の祖となった。源融ゆずりの美男子と伝わるが、清和源氏嫡流である摂津源氏源頼光四天王筆頭とされ、大江山酒呑童子退治説話などに剛勇の武者として登場する。
渡辺氏は摂津の渡辺津を本拠地とし、住吉の浜(大阪湾)で行われる天皇の清めの儀式(八十嶋祭)に従事する天皇警護の滝口武者の一族であるとともに、衛門府、兵衛府など中央の官職を有した。また水軍として瀬戸内海の水軍の棟梁格の武家である。派生氏族に鞆幕府中心の渡辺氏などがある。
渡辺氏から分かれた氏族で、北九州の水軍松浦党の惣領氏。渡辺綱の子の奈古屋授(源授、渡辺授)の子で、肥前国松浦郡の天皇家直轄の宇野御厨荘官として九州に下った松浦久(源久、渡辺久)を祖とする。
渡辺氏以外の融流嵯峨源氏の一族で、九州柳川を拠点とする。筑後国三潴郡地頭となった蒲池久直(源久直)を祖とする。蒲池久直は、肥前国の天皇家直轄荘園の神埼荘(鳥羽院領神埼荘)の荘官として下向した源満末の孫。
蒲池氏は後に松浦氏から源圓を婿養子を迎えて同族化したため渡辺党松浦氏の後裔ともされる。他に筑後の三池氏草野氏も嵯峨源氏の子孫説がある。
鎌倉時代に尾張大介職にあった中島宣長は源融の13代子孫とされる。承久の乱に朝廷方として参加しており、乱後の領地交渉の模様が『吾妻鏡』に記されている。
また、戦国時代において子孫の中島左衛門尉が小口城(小久地城)において織田信清方として織田信長を退ける活躍が『武功夜話』に見られる。
関東に勢力を張り、平将門の乱においても重要な存在となる常陸大掾の源護とその一族もまた武蔵権介の源宛(箕田宛)と同族の嵯峨源氏であろうとされている。

人物[編集]

著名な嵯峨源氏姓の人物に関しては、嵯峨源氏の人物一覧を参照。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 源信の子881年元慶5年)6月9日、陽成天皇より春朝臣の姓を賜る。

関連項目[編集]