香川良介

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
かがわ りょうすけ
香川 良介
香川 良介
血煙高田の馬場』(1937年)
本名 山口 英雄
やまぐち ひでお
別名 香川 遼
かがわ りょう
生年月日 1896年10月10日
没年月日 1987年4月17日(満90歳没)
出生地 日本の旗 佐賀県杵島郡六角村(現:白石町
職業 俳優
ジャンル 映画テレビドラマ
活動期間 1925年 - 1986年
家族 宗春太郎
主な作品
國士無双
鴛鴦歌合戦
日本のいちばん長い日

香川 良介(かがわ りょうすけ、1896年10月10日 - 1987年4月17日)は、日本の俳優である。本名山口 英雄(やまぐち ひでお)、一時香川 遼(-りょう)という芸名を名のった。戦前の片岡千恵蔵の映画・日活、戦後の大映東映の時代劇でバイプレーヤーとして活躍した。出演作品数は400本を超える。三男一女の父である。

来歴・人物[編集]

伊藤大輔との出逢い[編集]

1896年(明治29年)10月10日佐賀県杵島郡六角村(現在の同県同郡白石町)に、父・乕一、母・りえの四男一女の長男として生まれる。生後まもなく父は屯田兵となり、北海道庁雨龍郡深川村(現在の空知支庁深川市)へ移住、深川小学校(現存)を卒業して芽室実業学校に入学、1911年(明治44年)に卒業した。当時の家業であった材木商を手伝う[1]

1912年(明治45年)4月、角藤定憲一座に入り、舞台俳優となる。のちに一座を興す。舞台俳優として過ごすうち、1925年(大正14年)に帝国キネマ演芸(帝キネ)に入社、映画俳優となる[1]。当時の帝キネは内紛のまっただなかで、1月に「芦屋撮影所」を全従業員が自主退職して「アシヤ映画製作所」を設立し、5月に「小阪撮影所」では撮影所閉鎖、全従業員が一方的に解雇され、取締役同撮影所長立石駒吉が「東邦映画製作所」を設立、従業員を選別して採用した。香川は立石の東邦映画に採用され、6月1日公開の同社設立第1回作品、伊藤大輔監督の現代劇『』でスクリーンデビューした[1]。しかし同社は賃金未払いのため同月内に解散した。同年3月に伊藤の従妹にあたるふみと結婚した(のちに死別)。

香川は2歳下の伊藤に同行、「伊藤映画研究所」設立に参加し、同研究所と直木三十五連合映画芸術家協会との提携作品『京子と倭文子』に「香川遼」名義で出演、同作は1926年(大正15年)1月22日に公開された。引き続き、伊藤監督の『日輪』などに出演するが、同研究所は挫折していく。帝キネ小阪から東邦映画に流れた、のちの映画監督の稲垣浩は、同研究所に俳優兼助監督として参加していた。直木に協力していた牧野省三マキノ・プロダクション御室撮影所で今井久雄監督の『野火』に出演するも、香川は舞台へと戻っていく。翌1927年(昭和2年)、一座を興して台湾へ巡業に出る。同一座には、俳優として、のちの映画監督の伊丹万作がいた[1]

千恵プロ・日活・大映・東映[編集]

1928年(昭和3年)5月、片岡千恵蔵が「片岡千恵蔵プロダクション」(千恵プロ)を創立、帰国した香川と伊丹、そして稲垣は、伊藤の推薦でそろって同社に入社した。同社設立第1作は『天下太平記』、伊丹のオリジナル脚本による、稲垣の監督デビュー作である。同作から香川は「香川良介」を名のり始めた。役者もスタッフも20代の若者ばかりの同社で、当時31歳の香川は最年長であった[1]。稲垣監督・伊丹脚本のコンビ作品に香川は出演をつづけ、振津嵐峡こと曽我正史の監督デビュー作『愛憎血涙』、伊丹の監督デビュー作『仇討流転』にも出演し、演技で年下のクリエイターたちを支えた。1934年(昭和9年)、山中貞雄監督が、日活太秦撮影所から千恵プロに出向して『風流活人剣』、『足軽出世譚』、『雁太郎街道』を撮ったが、そのいずれにも香川は出演している。香川の長男の英臣は「宗春太郎」の名で子役として、同社の作品に出演した。

1936年(昭和11年)、8年間在籍し、90本内外の作品に出演した千恵プロから日活京都撮影所に移籍、入社第1作は山中の監督作、大河内伝次郎主演の『海鳴り街道』であった。翌1937年(昭和12年)には千恵プロは解散し、片岡千恵蔵とともに尾上華丈らバイプレイヤーも同撮影所に入社、すでに1930年(昭和5年)には伊藤が、1935年(昭和10年)に稲垣が入社しており、かつての仲間がそろった。伊丹の『赤西蠣太』(1936年)で名を成した若手の志村喬もこのとき入社した。同年9月、稲垣脚本・監督、千恵蔵主演の『曠原の魂』には香川も尾上も志村も出演している。

1942年(昭和17年)1月の戦時統合による大映への合併後も、引き続き「大映京都撮影所」となった同撮影所に残った。1945年(昭和20年)1月21日、一恵と再婚する。前妻ふみとはすでに死別していた。

戦後も、引き続き「大映京都撮影所」で活躍した。1960年(昭和35年)に退社、フリーランスとなった。また、東横映画から東映の作品にも出演し、東映時代劇の全盛を支えた。東映時代劇が衰退してからは、任侠映画にも出演している。

1961年(昭和36年)、長男の英臣が死去した[1]。また、1978年(昭和53年)に再婚相手の一恵が死去した[1]1984年(昭和59年)、伊丹の長男・伊丹十三の監督デビュー作『お葬式』にも出演している。

1987年(昭和62年)4月17日に死去。90歳没。最後の映画出演は岡本喜八監督の『ジャズ大名』だった。三男一女の父であった。

主な出演作品[編集]

映画[編集]

太字の題名はキネマ旬報ベストテンにランクインした作品

  • (1925年、聯合映画芸術家協会) ※「香川遼」名義
  • 京子と倭文子(1926年、聯合映画芸術協会) ※「香川遼」名義
  • 日輪(1926年、聯合映画芸術家協会) - 私立探偵今野 ※「香川遼」名義
  • 野火(1926年、マキノ) ※「香川遼」名義
  • 天下太平記(1928年、片岡千恵蔵プロダクション) - 小手田の仁平
  • 放浪三昧(1928年、片岡千恵蔵プロダクション) - 無名の浪人
  • 愛憎血涙(1928年、片岡千恵蔵プロダクション) - 棒名の長兵衛
  • 仇討流転(1928年、片岡千恵蔵プロダクション) - 横車七兵衛
  • めくら蜘蛛(1929年、片岡千恵蔵プロダクション) - 老僕平作
  • 鴛鴦旅日記(1929年、片岡千恵蔵プロダクション) - 山城屋利左衛門
  • ごろん棒時代(1929年、片岡千恵蔵プロダクション) - 鉄砲市兵衛
  • 絵本武者修行(1929年、片岡千恵蔵プロダクション) - 掏摸
  • 火陣(1929年、片岡千恵蔵プロダクション) - 与力
  • 殺した人(1929年、片岡千恵蔵プロダクション) - 影坂庄左衛門
  • 右門捕物帖 三番手柄(1930年、片岡千恵蔵プロダクション) - 松平伊豆守
  • 春風の彼方へ(1930年、片岡千恵蔵プロダクション) - 盗賊
  • 元禄快挙 忠臣蔵(1930年、日活) - 吉田忠左衛門
  • 源氏小僧出現(1930年、片岡千恵蔵プロダクション) - 青鬼小兵衛
  • 逃げ行く小伝次(1930年、片岡千恵蔵プロダクション) - 目明し吉五郎
  • 忠直卿行状記(1930年、片岡千恵蔵プロダクション) - 星川逸平
  • 殉教血史 日本二十六聖人(1931年、日活) - 獄卒栗田新六
  • 冬木心中(1931年、片岡千恵蔵プロダクション) - 番頭善兵衛
  • 一本刀土俵入り(1931年、片岡千恵蔵プロダクション) - 掘下げ根吉
  • 水野十郎左衛門(1931年、片岡千恵蔵プロダクション) - 市兵衛
  • 弥太郎笠(1932年、片岡千恵蔵プロダクション) - 乾分玉蔵
  • 國士無双(1932年、片岡千恵蔵プロダクション) - おけらの八兵衛
  • 闇討渡世(1932年、片岡千恵蔵プロダクション) - 叔父萩原
  • 旅は青空(1932年、片岡千恵蔵プロダクション) - 老侍南木
  • 白夜の饗宴(1932年、片岡千恵蔵プロダクション) - 鶴岡
  • 研辰の討たれ(1932年、片岡千恵蔵プロダクション) - 宿の亭主
  • 刺青奇偶(1932年、片岡千恵蔵プロダクション) - 女衒金八
  • 国定忠次 旅と故郷の巻(1933年、片岡千恵蔵プロダクション) - 万太郎親分
  • 堀田隼人(1933年、片岡千恵蔵プロダクション) - 前原伊助
  • 風雲 前篇(1933年、片岡千恵蔵プロダクション) - 小松帯刀
  • 風雲 後篇(1934年、片岡千恵蔵プロダクション) - 小松帯刀
  • 渡鳥木曾土産(1934年、片岡千恵蔵プロダクション) - 仙頭の源兵衛
  • 武道大艦(1934年、片岡千恵蔵プロダクション) - 老僕嘉兵衛
  • 風流活人剣(1934年、片岡千恵蔵プロダクション) - 新居勘左衛門
  • 直八子供旅(1934年、片岡千恵蔵プロダクション) - 法師庄兵衛
  • 足軽出世譚(1934年、片岡千恵蔵プロダクション) - 重臣
  • 勝鬨(1934年、片岡千恵蔵プロダクション) - 梶山兵庫
  • 雁太郎街道(1934年、片岡千恵蔵プロダクション) - 小原の民五郎
  • 利根の川霧(1935年、片岡千恵蔵プロダクション) - 平五郎親分
  • 戦国気譚 気まぐれ冠者(1935年、片岡千恵蔵プロダクション) - 隠密横目氏
  • 情熱の不知火(1935年、片岡千恵蔵プロダクション) - 長崎奉行
  • 魔風一騎 前篇(1935年、片岡千恵蔵プロダクション) - 采原仁右衛門
  • 白牡丹(1935年、片岡千恵蔵プロダクション) - 客の老人
  • 黄昏地蔵(1935年、片岡千恵蔵プロダクション) - 新田の揚吉
  • 初祝鼠小僧(1935年、片岡千恵蔵プロダクション) - 上州屋清兵衛
  • たった一人の女(1936年、第一映画) - 二本木屋半兵衛
  • 江戸城炎史(1936年、片岡千恵蔵プロダクション) - 桃井可堂
  • 海鳴り街道(1936年、日活) - 元右衛門
  • 栗山大膳(1936年、日活) - 村上右門
  • 森の石松(1937年、日活) - 武井の安五郎
  • 恋山彦(1937年、日活) - 堀美作守、紀国屋文左衛門
  • 曠原の魂(1937年、日活)
  • 変化若衆髷(1937年、日活) - 近江屋藤兵衛
  • 水戸黄門廻国記(1937年、日活) - 島田右膳
  • 国定忠治(1937年、日活) - 壁安左衛門
  • 木曾路の旅笠(1937年、日活) - 百姓弥平
  • 飛竜の剣(1937年、日活) - 柳沢美濃守
  • 血煙高田の馬場(1937年、日活) - 萱野七郎左衛門
  • 自来也(1937年、日活) - 一夢仙人
  • 忠臣蔵 地の巻(1938年、日活) - 建部織部正、猿橋右門
  • 忠臣蔵 天の巻(1938年、日活) - 建部織部正、猿橋右門
  • 忠次子守唄(1938年、日活) - 壁安左衛門
  • 次郎長一家(1938年、日活) - 大政
  • 出世太閤記(1938年、日活) - 竹中半兵衛
  • 腰本吉弥組(1938年、日活) - 島田彦兵衛
  • 三味線やくざ(1938年、日活) - 小場の七兵衛
  • 闇の影法師(1938年、日活) - 川勝丹波
  • 怪談 お岩役者(1938年、日活) - 嵐左近
  • 地獄の蟲(1938年、日活) - 役人藤木
  • 続水戸黄門廻国記(1938年、日活) - 足袋屋新助
  • 赤垣源蔵(1938年、日活) - 塩山伊左衛門
  • 弥次喜多道中記(1938年、日活) - 遠山河内守
  • 魔像(1938年、日活) - 村井長庵
  • 大江戸の闇(1938年、日活) - 大家九郎兵衛
  • 右門捕物帖 拾万両秘聞(1939年、日活) - 松平伊豆守
  • 王政復古(1939年、日活) - 松平容保
  • 春秋一刀流(1939年、日活) - 医者仁庵
  • 鞍馬天狗 江戸日記(1939年、日活) - 野ぶすまの吉五郎
  • 牢獄の花嫁(1939年、日活) - 松平龍山公
  • 鴛鴦歌合戦(1939年、日活) - 香川屋宗七
  • 鍔鳴浪人(1939年、日活) - 水戸中納言
  • 乱れ柳女仇討(1940年、日活) - 神尾佐渡守
  • 右門捕物帖 金色の鬼(1940年、日活) - 室佐次馬
  • 宮本武蔵(日活)
    • 草分の人々・栄達の門(1940年) - 長岡佐渡
    • 剣心一路(1940年) - 長岡佐渡
    • 一乗寺決闘(1942年) - 本阿弥光悦
  • 仇討交響楽(1940年、日活) - 叔父八左衛門
  • 続清水港(1940年、日活) - 子持ち役者
  • 折鶴秘帖(1940年、日活) - 梅若九郎
  • 風雲将棋谷(1940年、日活) - 神田川の兼三
  • めくら笛(1940年、日活) - 小田切仙右衛門
  • 北海に叫ぶ武士(1940年、日活) - 志垣隼人
  • 織田信長(1940年、日活) - 織田信秀
  • 討入前夜(1941年、日活) - 小野寺十内
  • 伊達大評定(1941年、日活) - 伊達安芸
  • 天兵童子(1941年、日活) - 羽柴秀吉
  • 柳生月影抄(1941年、日活) - 長谷部主水正
  • 江戸最後の日(1941年、日活) - 大久保越中守
  • 海を渡る祭礼(1941年、日活) - 板場の峰吉
  • 決戦奇兵隊(1941年、日活) - 貴山十右衛門
  • 江戸の龍虎(1942年、日活) - 久世若狭守
  • 維新の曲(1942年、大映) - 板倉静勝
  • 獨眼龍政宗(1942年、大映)
  • 伊賀の水月(1942年、大映) - 柳生但馬守
  • 成吉思汗(1942年、大映) - シルガンシラ
  • 二刀流開眼(1943年、大映) - 沢庵
  • 決闘般若坂(1943年、大映) - 沢庵
  • マリア・ルーズ号事件 奴隷船(1943年、大映) - 花房外務大臣
  • 無法松の一生(1943年、大映) - 松五郎の父
  • 東海水滸伝(1945年、大映) - 大政
  • 狐の呉れた赤ん坊(1945年、大映) - 佐吾兵衛
  • 手袋を脱がす男(1946年、大映) - 三河屋三五郎
  • 国定忠治(1946年、大映) - 小柴の弥太吉
  • 滝の白糸(1946年、大映) - 太夫元福市
  • 手をつなぐ子等(1948年、大映) - 勘太の父
  • 王将(1948年、大映) - 小沢八段
  • 小判鮫(1948年、新演技座) - 唐津屋万平
  • かくて忍術映画は終わりぬ(1948年、東横) - 興行師鈴木
  • 千姫御殿(1948年、大映) - 徳川秀忠
  • 天狗飛脚(1949年、大映) - 大黒屋勘兵衛
  • 紅蓮菩薩(1949年、大映) - 土屋源太夫
  • 飛騨の暴れん坊(1949年、大映) - 鎌田大膳
  • 蛇姫道中(1949年、大映) - 大久保忠成
  • 山を飛ぶ花笠(1949年、大映) - 民蔵
  • 月よりの使者(1949年、大映) - 小山田検事
  • 火山脈(1950年、大映) - 高山紀斎
  • 鬼あざみ(1950年、大映) - 並木嘉右衛門
  • ごろつき船(1950年、大映) - 赤崎屋吾兵衛
  • 鬼姫しぐれ(1951年、大映) - 大島刑部
  • 阿修羅判官(1951年、大映) - 大岡忠右衛門
  • 神変美女峠(1951年、新東宝) - 内藤治郎右衛門
  • 名月走馬燈(1951年、大映) - 孫右衛門
  • 愛妻物語(1951年、大映) - 石川浩造
  • 水戸黄門漫遊記 飛龍の剣(1951年、大映) - 牧隼人正
  • 逢魔が辻の決闘(1951年、大映) - 松平美濃守
  • 剣難女難(1951年、宝プロ) - 梶新左衛門
  • 怪傑鉄仮面(1951年、東横) - 若狭越後守
  • 銭形平次 恋文道中(1951年、大映) - 対馬大膳
  • 乞食大将(1952年、大映) - 福島丹波
  • お洒落狂女(1952年、東映) - 小田切土佐守
  • 大佛開眼(1952年、大映) - 橘の諸兄
  • 飛びっちょ判官(1952年、東映) - 父左衛門
  • 戦国無頼(1952年、東宝) - 三好兵部
  • 勘太郎月夜唄(1952年、大映) - 了海和尚
  • 鞍馬天狗 一騎討ち(1952年、綜芸プロ) - 織留の孫左衛門
  • 武蔵と小次郎(1952年、松竹) - 岳雲和尚
  • 加賀騒動(1953年、東映) - 横山大和
  • 絵本猿飛佐助(1953年、太千興行) - 来福寺利康
  • 朝焼け富士(1953年、東映) - 水野越前守
  • 雨月物語(1953年、大映) - 村名主
  • 旅はそよ風(1953年、宝塚映画) - 大和屋の亭主善兵衛
  • 素浪人奉行(1953年、東映) - 吉田屋総兵衛
  • 花の喧嘩状(1953年、大映) - 川尻の倉造
  • 地雷火組(1953年、東映) - 城戸主膳
  • 江戸の花道(1953年、東映) - 但馬屋徳右衛門
  • あばれ獅子(1953年、松竹) - 道具市の世話人
  • 急襲桶狭間(1953年、東映) - 林佐渡守
  • 喧嘩駕籠(1953年、宝塚映画) - 大下藤左衛門
  • 砂絵呪縛(1953年、大映) - 間部詮房
  • 危うし!鞍馬天狗(1953年、東映) - 根岸丹後守
  • 地獄門(1953年、大映) - 平康忠
  • 怪傑黒頭巾(1953年、東映) - 小栗上野介
  • 女間者異聞 赤穂浪士(1953年、東映) - 秋元但馬守
  • 鞍馬天狗 青銅鬼(1953年、綜芸プロ) - 板倉内膳守
  • 銭形平次捕物控シリーズ(大映)
    • 銭形平次捕物控 からくり屋敷(1953年) - 井筒屋豊三郎
    • 銭形平次捕物控 幽霊大名(1954年)- 稲垣小太郎
    • 銭形平次捕物控 どくろ駕籠(1955年) - 本多伊豆守
    • 銭形平次捕物控 女狐屋敷(1957年) - 美濃屋善右衛門
    • 銭形平次捕物控 八人の花嫁(1958年) - 大脇頼母
    • 銭形平次捕物控 鬼火燈籠(1958年) - 聖天の嘉兵衛
    • 銭形平次捕物控 雪女の足跡(1958年) - 小笠原図書頭
    • 銭形平次捕物控 美人鮫(1961年) - 京極近江守
  • 旗本退屈男シリーズ(東映)
    • 旗本退屈男 どくろ屋敷(1954年) - 酒井備前守
    • 旗本退屈男 謎の決闘状(1955年) - 土屋相模守
    • 旗本退屈男 謎の紅蓮塔(1957年) - 秋山主膳
    • 旗本退屈男 謎の幽霊島(1960年) - 守谷瀬左衛門
  • 花の三度笠(1954年、大映) - 遠山信濃守
  • ひよどり草子(1954年、新芸術プロ) - 欺波丹波守
  • 雪之丞変化(1954年、東映) - 広海屋与平
  • 山椒大夫(1954年、大映) - 曇猛律師
  • 酔いどれ二刀流(1954年、大映) - 菅野六郎右衛門
  • 若旦那武勇伝(1954年、松竹) - 大川社長
  • 投げ唄左門シリーズ(大映)
    • 投げ唄左門一番手柄 死美人屋敷(1954年) - 安藤内膳正
    • 投げ唄左門二番手柄 釣天井の佝僂男(1954年) - 曲淵甲斐守
    • 投げ唄左門三番手柄 覆面髑髏隊(1954年) - 筒井紋太夫
  • 一本刀土俵入(1954年、東映) - 関取高砂
  • 妖異忠臣蔵(1954年、東映) - 近藤但馬
  • 鉄火奉行(1954年、大映) - 笠井平左衛門
  • 赤穂義士(1954年、大映) - 塩山伊左衛門
  • 伊達騒動 母御殿(1954年、大映) - 酒井雅楽頭
  • 歌ごよみお夏清十郎(1954年、新芸術プロ) - 但馬屋九右衛門
  • 丹下左膳 こけ猿の壺(1954年、大映) - 田丸主水正
  • 怪猫逢魔が辻(1954年、大映) - 中村勘三郎
  • 伊太郎獅子(1955年、大映) - 梨山頼母
  • 次男坊鴉(1955年、大映) - 六郷内膳正
  • 春秋あばれ獅子(1955年、東映) - 松平周防守
  • 喧嘩奉行(1955年、東映) - 遠山景晋
  • 鬼斬り若様(1955年、大映) - 三宅宅兵衛
  • あばれ纏千両肌(1955年、東映) - 河内山宗俊
  • 元禄名槍伝 豪快一代男(1955年、松竹) - 頼母木主水
  • お役者小僧 江戸千両幟(1955年、松竹) - 中津勘解由
  • 綱渡り見世物侍(1955年、大映) - 和田外記
  • 弓張月(東映) - 六条判官為義
    • 第一篇 筑紫の若武者(1955年)
    • 第二篇 運命の白縫姫(1955年)
    • 完結篇 南海の覇者(1955年)
  • 獅子丸一平(1955年、東映) - 黒谷兵太夫
  • 絵島生島(1955年、松竹) - 五代目山村長太夫
  • 薩摩飛脚(1955年、東映) - 秋元但馬守
  • 怪盗と判官(1955年、大映) - 遠山河内守
  • 唄祭り江戸っ子金さん捕物帖(1955年、新芸術プロ) - 備前屋宗兵衛
  • 新・平家物語三部作(大映)
    • 新・平家物語(1955年) - 久世治久
    • 新・平家物語 義仲をめぐる三人の女(1956年) - 平頼盛
    • 新・平家物語 静と義経(1956年) - 土肥実平
  • 花の渡り鳥(1956年、大映) - 鹿島の七兵衛
  • 黒田騒動(1956年、東映) - 酒井忠勝
  • 又四郎喧嘩旅(1956年、大映) - 高山内記
  • 赤穂浪士 天の巻・地の巻(1956年、東映) - 大野九郎兵衛
  • 大当り男一代(1956年、松竹) - 山城屋長左衛門
  • 白井権八(1956年、東宝) - 山形屋甚兵衛
  • 柳生連也斎 秘伝月影抄(1956年、大映) - 渡辺守綱
  • 剣豪二刀流(1956年、東映) - 寺尾軍兵衛
  • 怪盗鼠小僧 祭に消えた男(1956年、松竹) - 竜神の辰五郎
  • のんき侍大暴れ(1956年、松竹) - 江田島左内
  • 花頭巾(1956年、大映) - 巻山源庵
  • 髑髏銭(1956年、東映) - 筑紫屋卯蔵
  • 御存じ怪傑黒頭巾 神出鬼没(1956年、東映) - 小栗豊後守
  • やくざ大名(1956年、東映) - 水野左近将監
  • 紀州の暴れん坊(1956年、松竹) - 本間主水
  • ふり袖捕物帖シリーズ(東映)
    • ふり袖捕物帖 若衆変化(1956年) - 長崎屋金八
    • ふり袖捕物帖 ちりめん駕籠(1957年) - 殿村主膳
  • 酔いどれ牡丹(1956年、京都映画) - 松平伊豆守信綱
  • 大江戸喧嘩纏(1957年、東映) - 新貝主膳
  • 恋染め浪人(1957年、東映) - 国分屋久兵衛
  • まだら頭巾剣を抜けば 乱れ白菊(1957年、松竹) - 大沢越中守
  • 花まつり男道中(1957年、東映) - 大利根の政蔵
  • 海賊奉行(1957年、東映) - 跡部山城守
  • 大名囃子(1957年、東映) - 鷹取大膳
  • 柳生武芸帳(1957年、東宝) - 久我武左衛門
  • 刀傷未遂(1957年、大映) - 土屋相模守
  • 朱雀門(1957年、大映) - 橋本実久
  • 万五郎天狗(1957年、大映) - 成瀬織部
  • 黄金の伏魔殿(1957年、東映) - 後藤三右衛門
  • ゆうれい船(1957年、東映) - 海野将監
  • 雪の渡り鳥(1957年、大映) - 帆立の丑松
  • はやぶさ奉行(1957年、東映) - 跡部山城守
  • 不知火頭巾(1957年、大映) - 諏訪相模守
  • 地上(1957年、大映) - 祖父六右衛門
  • 桃太郎侍(1957年、大映) - 右田外記
  • 神変麝香猫(1958年、東映) - 柳生兵庫
  • 花太郎呪文(1958年、大映) - 林久左衛門
  • 江戸っ子祭(1958年、大映) - 本多上野介
  • 葵秘帖(1958年、東映) - 水野屋灘右衛門
  • ふり袖纏(1958年、大映) - 跡部甲斐守
  • 忠臣蔵(1958年、大映) - 片岡源五右衛門
  • 任侠東海道(1958年、東映) - 雲風の亀吉
  • 大菩薩峠 第二部(1958年、東映) - 望月家老主人
  • 命を賭ける男(1958年、大映) - 石谷将監
  • 伊奈の勘太郎(1958年、東映) - 今戸の富五郎
  • 口笛を吹く渡り鳥(1958年、大映) - 黒磯の五兵衛
  • 炎上(1958年、大映) - 桑井禅海
  • 花の遊侠伝(1958年、大映) - 林肥後守
  • 喧嘩太平記(1958年、東映) - 柳生飛騨守
  • 日蓮と蒙古大襲来(1958年、大映) - 北条実政
  • 柳生旅ごよみ 女難一刀流(1958年、東映) - 生田勘解由
  • 濡れ髪剣法(1958年、大映) - 安藤将監
  • 伊賀の水月(1958年、大映) - 松平伊豆守
  • 弁天小僧(1958年、大映) - 浜松屋幸兵衛
  • 忠臣蔵 暁の陣太鼓(1958年、松竹) - 藤井瀬左衛門
  • 人肌牡丹(1959年、大映) - 佐山能登守
  • 遊太郎巷談(1959年、大映) - 三休和尚
  • かげろう笠(1959年、大映) - 藤崎頼母
  • 蛇姫様(1959年、大映) - 入久保佐渡守
  • 新吾十番勝負(1959年、東映) - 本多上総介
  • お役者文七捕物暦 蜘蛛の巣屋敷(1959年、東映) - 真柄十太夫
  • 風流使者 天下無双の剣(1959年、東映) - 大島采女
  • 紅あざみ(1959年、大映) - 松平容保
  • 千羽鶴秘帖(1959年、大映) - 脇坂掃部頭
  • 水戸黄門 天下の副将軍(1959年、東映) - 戸田山城守
  • 森の石松幽霊道中(1959年、宝塚映画) - 武蔵屋周太郎
  • 鳴門の花嫁(1959年、大映) - 稲葉内膳正
  • 富嶽秘帖(1959年、東映) - 田沼玄蕃意正
  • 浪花の恋の物語(1959年、東映) - 竹田出雲
  • 恋山彦(1959年、東映) - 紀の国屋文左衛門
  • かげろう絵図(1959年、大映) - 美濃部筑前守
  • 天下の伊賀越 暁の血戦(1959年、東映) - 松平伊豆守
  • 百万両五十三次(1959年、東映) - 秋元但馬守
  • 薄桜記(1959年、大映) - 千坂兵部
  • 浮かれ三度笠(1959年、大映) - 此木大膳正
  • 任侠中山道(1960年、東映) - 雲風の多右衛門
  • 千姫御殿(1960年、大映) - 池田玄蕃
  • 丹下左膳シリーズ(東映)
    • 丹下左膳 妖刀濡れ燕(1960年) - 鹿島外記
    • 丹下左膳 濡れ燕一刀流(1961年) - 石川左近将監
  • 野狐笛 花吹雪一番纏(1960年、東映) - 秋田屋作兵衛
  • 若桜千両槍(1960年、東映) - 大島典膳
  • 越後獅子祭(1960年、松竹) - 越後屋新右衛門
  • 新吾十番勝負 第三部(1960年、東映) - 牧野河内守
  • さいころ無宿(1960年、東映) - 釈迦の十造
  • 酒と女と槍(1960年、東映) - 前田家重臣
  • 大岡政談 魔像篇(1960年、東映) - 牧野備中守
  • 続次郎長富士(1960年、大映) - 黒竜屋亀吉
  • 旅の長脇差シリーズ(東映)
    • 旅の長脇差 花笠椿(1960年) - 辰巳屋源蔵
    • 旅の長脇差 伊豆の佐太郎(1960年) - 無仏和尚
  • 源太郎船(1960年、大映) - 雷門の東蔵
  • 切られ与三郎(1960年、大映) - 伊豆屋与左衛門
  • 親鸞(1960年、東映) - 静巌
  • 水戸黄門(1960年、東映) - 土屋相模守政直
  • 白子屋駒子(1960年、大映) - 加賀屋長兵衛
  • つばくろ道中(1960年、東映) - 幕張の利兵衛
  • 地雷火組(1960年、東映) - 板倉内膳正
  • 緋ぼたん浪人(1960年、東映) - 堺屋松右衛門
  • 大坂城物語(1961年、東宝) - 伊丹屋道幾
  • 家光と彦左と一心太助(1961年、東映) - 安藤対馬守重信
  • 右門捕物帖 南蛮鮫(1961年、東映) - 土井大炊頭
  • 江戸っ子肌(1961年、大映) - 伊兵衛
  • 旗本喧嘩鷹(1961年、東映) - 越前屋伝兵衛
  • 剣豪天狗まつり(1961年、東映) - 天狗
  • 吸血死美人彫り(1961年、ニュー東映) - 黒塚弾正
  • 吸血怪人屋敷(1961年、ニュー東映) - 中津川日向守
  • 赤穂浪士(1961年、東映) - 松前伊豆守
  • さいころ奉行(1961年、東映) - 遠山左衛門尉景晋
  • 旅はお色気(1961年、大映) - 板倉豊前守
  • 桜田門(1961年、大映) - 堀田備中守
  • はやぶさ大名(1961年、東映) - 朝日丹波
  • 反逆児(1961年、東映) - 大久保忠世
  • ゲンと不動明王(1961年、東宝) - 地主
  • 出世武士道(1961年、東映) - 四井屋銀右衛門
  • 赤い影法師(1961年、東映) - 大国屋治兵衛
  • 東海一の若親分(1961年、東映) - 大和田の友蔵
  • 天下の御意見番(1962年、東映) - 竹内金兵衛
  • 暴れん坊一代(1962年、東映) - 小幡の周太郎
  • 源氏九郎颯爽記 秘剣揚羽の蝶(1962年、東映) - 須藤弥左衛門
  • 千姫と秀頼(1962年、東映) - 坂崎勘兵衛
  • 裁かれる越前守(1962年、大映) - 大岡忠右衛門
  • 壁の中の美女(1962年、東映) - 竜造寺将監
  • どぶろくの辰(1962年、東宝) - 親方
  • 江戸へ百七十里(1962年、大映) - 大坪兵太夫
  • 勢揃い関八州(1962年、東映) - 庄屋仁右衛門
  • 鉄火若衆(1962年、東映) - 豊川兵庫
  • 血煙り笠(1962年、東映) - 手塚次郎大夫
  • お吟さま(1962年、松竹)
  • 忠臣蔵 花の巻・雪の巻(1962年、東宝) - 原惣右衛門
  • 血文字屋敷(1962年、東映) - 脇坂山城守
  • 女の座(1962年、東宝)
  • 宮本武蔵シリーズ(東映)- 植田良平
  • 薩陀峠の対決(1962年、東映) - 松平安芸守
  • 若さま侍捕物帳 お化粧蜘蛛(1962年、東映) - 肥前屋多左衛門
  • 柳生武芸帳シリーズ(東映) - 柳生但馬守
    • 柳生武芸帳 片目の十兵衛(1963年)
    • 柳生武芸帳 片目水月の剣(1963年)
  • 伝七捕物帖 女狐小判(1963年、東映) - 備前屋才兵衛
  • 武士道残酷物語(1963年、東映) - 上月源左
  • 手討(1963年、大映) - 横田備中守
  • 新吾二十番勝負 完結篇(1963年、東映) - 太田備中守
  • 秘剣(1963年、東宝) - 甲野伴左衛門
  • 新撰組血風録 近藤勇(1963年、東映) - 松前伊豆守
  • 雲の剣風の剣(1963年、東映) - 安藤対馬守
  • 銭形平次捕物控(1963年、東映) - 堺屋庄兵衛
  • 次郎長三国志(1963年、東映) - 和田島の太左衛門
  • 十三人の刺客(1963年、東映) - 老中
  • 博徒(1964年、東映) - 松丸社長
  • 士魂魔道 大龍巻(1964年) - 阿部備中守
  • 座頭市あばれ凧(1964年、大映) - 津向の文吉
  • 十兵衛暗殺剣(1964年) - 柳生但馬守
  • 徳川家康(1965年、東映) - 林通勝
  • 忍びの者 伊賀屋敷(1965年、大映) - 牧野兵庫
  • 剣鬼(1965年、大映) - 影村主膳
  • 天保遊侠伝 代官所破り(1965年、東映) - 十一屋仁蔵
  • 関東果し状(1965年、東映) - 榊田博士
  • 大菩薩峠(1966年、東宝) - 机弾正
  • 眠狂四郎無頼剣(1966年、大映) - 弥彦屋彦右衛門
  • 佐々木小次郎(1967年、東宝) - 有吉内膳
  • 一心太助 江戸っ子祭り(1967年、東映) - 松前屋五郎蔵
  • 日本のいちばん長い日(1967年、東宝) - 石黒農相
  • 日本侠客伝 斬り込み(1967年、東映) - 横山勘市
  • 博奕打ち 総長賭博(1968年、東映) - 荒川政吉天龍一家初代総長
  • 尻啖え孫市(1969年、大映) - 半井驢庵
  • 風林火山(1969年、三船プロ) - 長坂頼弘
  • 緋牡丹博徒 二代目襲名(1969年、東映) - 吉井大蔵
  • 賞金稼ぎ(1969年、東映) - 桑島織部
  • 蝦夷館の決闘(1970年、東京映画) - 老中阿部豊後守
  • 激動の昭和史 沖縄決戦(1971年、東宝) - 病気にうなされる老人
  • 姿三四郎(1977年、東宝) - 村長
  • 赤穂城断絶(1978年、東映) - 内川孫右衛門
  • 日蓮(1979年、松竹) - 北条政村
  • 徳川一族の崩壊(1980年、東映) - 毛利敬親
  • お葬式(1984年、伊丹プロ) - 老人会長
  • ジャズ大名(1986年、松竹)

テレビドラマ[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g 『日本映画俳優全集・男優編』(キネマ旬報社、1979年)の「香川良介」の項(p.140)を参照。同項執筆は磯田啓二奥田久司

外部リンク[編集]