牧野英成

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
 
牧野 英成
時代 江戸時代中期
生誕 寛文11年9月11日1671年10月13日
死没 寛保元年9月19日1741年10月28日
幕府 江戸幕府
丹後田辺藩
氏族 村越氏牧野氏
父母 父:村越直成、母:三好氏
養父:牧野富成
正室:南部行信の娘
娘(酒井忠告正室)、良成(長男)、明成
知成(三男)、娘(藤波徳忠養女)、
中坊秀成(四男)、南部信弥(五男)、
娘(細川興虎正室)、牧野長成(六男)、
娘(有馬純珍養女)、
娘(小浜秀隆養女・小浜季隆正室)、
高力直賢(八男)、孝成(九男)、徳成(十男)、
資成(十一男)

牧野 英成 (まきの ひでしげ)は、江戸時代中期の大名京都所司代丹後田辺藩第3代藩主。丹後田辺藩牧野家4代。

人物[編集]

旗本村越直成の長男。伯父である牧野富成に男子がなかったため、父の実家である丹後田辺藩牧野家の養子となる。元禄6年(1693年)、養父・富成の死により家督を相続する。寺社奉行や京都所司代を歴任し、幕政にも参与した。元文2年(1737年)隠居し、家督を次男・明成に譲る。寛保元年(1741年)死去した。

経歴[編集]

官位位階[編集]