高槻藩

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

高槻藩(たかつきはん)は、摂津国に存在したの一つ。藩庁は高槻城(現在の大阪府高槻市)。本項目では関係のある山城長岡藩についても記述する。

概要[編集]

高槻は戦国時代織田信長豊臣秀吉に仕えた高山右近が治めていた。、キリシタン大名としても有名な右近は、秀吉の宣教師追放令で大名の地位を追われ、その後に新庄直頼が3万石で高槻に入ったが、1600年関ヶ原の戦い改易され、その身柄は蒲生秀行に預けられた。

元和元年(1615年)に内藤信正近江国長浜より4万石で入り、高槻藩が立藩した。信正は高槻城を改修し、本丸・二の丸を建設した。元和3年(1617年)に山城国伏見城代となる。下総国守谷より土岐定義が2万石で入るが、定義は元和5年(1619年)死去する。子の頼行は幼少のため、減封により旗本に降格となり、下総国守谷に再び移封となった。三河国形原より松平家信が2万石で入るが、寛永12年(1635年)下総佐倉藩へ移封となる。播磨国龍野藩より岡部宣勝が5万1000石で入ったが、寛永17年(1640年和泉岸和田藩へ移封となる。下総佐倉藩より家信の次男・松平康信が3万6000石で入るが、慶安2年(1649年)に丹波篠山藩へ移封と、藩主が短期間で相次いで変わり、藩主家の交替が相次いだ。

その後、山城長岡藩より永井直清が3万6000石で入ってようやく藩主が定着し、永井氏13代の支配を経て明治時代を迎えた。

明治4年(1871年)に廃藩置県により高槻県となり、のち大阪府に編入された。

歴代藩主[編集]

内藤家[編集]

4万石 譜代 (1615年 - 1617年)

  1. 内藤信正(のぶまさ)従五位下。紀伊守。内藤信成の長男。

土岐家[編集]

2万石 譜代 (1617年 - 1619年)

  1. 土岐定義(さだよし)従五位下。山城守。土岐定正の次男。
  2. 土岐頼行(よりゆき)従五位下。山城守。土岐定義の長男。

松平〔形原〕家[編集]

2万石 譜代 (1619年 - 1635年)

  1. 松平家信(いえのぶ)従四位下。紀伊守。松平家忠の長男。

岡部家[編集]

5万石 譜代 (1635年 - 1640年)

  1. 岡部宣勝(のぶかつ)従五位下。美濃守。岡部長盛の長男。

松平〔形原〕家[編集]

3万6000石 譜代 (1640年 - 1649年)

  1. 松平康信(やすのぶ)従四位下。若狭守。松平家信の次男。

永井家[編集]

3万6000石 譜代 (1649年 - 1871年)

  1. 永井直清(なおきよ)従五位下。日向守。永井直勝の次男。
  2. 永井直時(なおとき)従五位下。市正。永井直清の子・永井直吉の長男。
  3. 永井直種(なおたね)従五位下。日向守。山城淀藩主・永井尚征の四男。
  4. 永井直達(なおたつ)従五位下。日向守。大和新庄藩主・永井直圓の長男。
  5. 永井直英(なおひで)従五位下。備後守。永井直種の次男。
  6. 永井直期(なおざね)従五位下。飛騨守。大和新庄藩主・永井直圓の五男。
  7. 永井直行(なおゆき)従五位下。近江守。永井直期の長男。
  8. 永井直珍(なおよし)従五位下。飛騨守。永井直期の三男。
  9. 永井直進(なおのぶ)従五位下。日向守。永井直珍の三男。
  10. 永井直与(なおとも)従五位下。飛騨守。永井直進の長男。
  11. 永井直輝(なおてる)従五位下。飛騨守。永井直与の次男。
  12. 永井直矢(なおつら)従五位下。飛騨守。松平親良の次男。
  13. 永井直諒(なおまさ)従五位下。日向守。永井直次の三男。

山城長岡藩[編集]

長岡藩(ながおかはん)は、江戸時代初期、山城国乙訓郡周辺を領有した藩。藩庁として長岡(現在の京都府長岡京市)に陣屋が営まれた。

寛永10年(1633年)、書院番上総国・下総国内に8000石を領する旗本の永井直清が、旧領地に加え山城国、紀伊国、摂津国内に領地を得て、1万2,000石の大名に昇格した。当初、長岡勝竜寺に居所を構え、のち長岡神足寺に移った。昇格と同時に書院番頭となった。

慶安2年(1649年)に2万4000石の加増を受け高槻藩に転封となったため、当藩は廃藩となった。

幕末の領地[編集]

上記のほか、嶋下郡14村、嶋上郡17村、能勢郡18村の幕府領を預かり、嶋上郡3村は本藩に、残部は摂津県に編入された。また、茨田郡6村の幕府領を預かったが、全域が堺県に編入された。

参考文献[編集]

先代:
摂津国
行政区の変遷
1615年 - 1871年
(高槻藩→高槻県)
次代:
大阪府