松尾藩

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

松尾藩(まつおはん)は、明治維新期の短期間、上総国に存在した1868年遠江掛川藩の太田家が5万3000余石で移封され、1871年廃藩置県まで存続した。藩庁ははじめ上総国武射郡柴山(現在の千葉県山武郡芝山町)に置かれ「柴山藩(しばやまはん)」と称したが、のちに武射郡松尾(山武市松尾町)に松尾城を築いて移転した。

藩史[編集]

明治元年(1868年)5月、駿河国遠江国三河国徳川家達が入ったため、遠江国掛川藩主であった太田資美が上総国武射・山辺郡内に移封となった。資美は同年7月に武射郡柴山村の観音教寺に仮藩庁を設置し、これにより「柴山藩」が立藩した。所領は5万3350石である。翌明治2年(1869年)6月、版籍奉還をうけて藩知事に任命されると、それまで寺に間借りをしていた仮藩庁の地であった柴山から、新たに新藩庁の地として武射郡大堤、田越、猿尾、八田などの入会地の山林原野を同年9月より開拓して町割りと縄張りを行い「松尾城」の築城を開始した。「松尾」とは資美の旧領であった遠江国掛川掛川城の別称であり、これにちなんで開拓地も松尾と命名し、知事邸や藩庁が完成した明治4年(1871年)1月に正式に松尾へと移り、「松尾藩」と改称した。

わずか4年足らずの藩であるが、資美は藩の基礎を固めるため、藩校である「教養館」や病院「好生所」などの創設に尽力した。特にこの病院は、貧乏人には無料で回診し、70歳から80歳以上の者には扶持を与えるなど、資美は福祉政策に力を注いだのである(なお、柴山時代にも「仮好生所」として柴山村大善寺内に開設していた)。さらに資美は財政政策のため、物産会所を設置し、養蚕を奨励した。

明治4年(1871年)7月の廃藩置県で城すら未完成のまま松尾藩は廃藩となって「松尾県」となり、しばらく松尾城に県庁を置くが、同年11月木更津県に合併された。

歴代藩主[編集]

太田(おおた)家[編集]

譜代。5万3350石。

  1. 太田資美(すけよし)

廃藩時点の領地[編集]

なお、いずれも相給を含むため、村数の合計は一致しない。

関連項目[編集]

先代:
上総国
(藩としては掛川藩
行政区の変遷
1868年 - 1871年
(柴山藩→松尾藩→松尾県)
次代:
木更津県