奥殿藩

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

奥殿藩(おくとのはん)は、三河国加茂郡額田郡(現在の愛知県岡崎市)と信濃国佐久郡(現在の長野県佐久市)に存在した。藩庁は奥殿陣屋。なお、江戸時代初期に存在した大給藩(おぎゅうはん)および幕末期に存在した田野口藩(たのくちはん)・龍岡藩(たつおかはん)についても、実質的に同一の藩であることからこの項目で記述する。立藩より幕末まで、藩庁の移転はあったが石高・領地ともほぼ変わらず、一貫して松平家大給松平家)が支配した。

藩史[編集]

大給藩[編集]

大給松平家は徳川家康の5代前の松平家当主・松平親忠の次男・松平乗元より始まる一族で、代々松平宗家に譜代の家臣として仕えた。第5代当主・松平真乗の次男で徳川秀忠に仕えた松平真次は、大坂の役の功などにより加増を受ける際、知行地として先祖ゆかりの三河加茂郡大給(現在の愛知県豊田市)を望み、6000石の旗本としてこの地に陣屋を構えた。真次の子・松平乗次は、大坂定番となって1万石を加増され、1万6000石の大名となった。

その後、第3代藩主・松平乗真の代に至ると、大給は山間にあって交通の便も悪く手狭となったことから、正徳元年(1711年4月28日、藩庁を領内の奥殿に移転した。

奥殿藩[編集]

奥殿移転後も、1万6000石の小藩の悲しさからか、享保年間には矢作川の洪水、飢饉を原因とする年貢半減を求める強訴などが起こった。天明年間にも天候不順から大凶作となり、そのために藩内で大暴動が起こった。

このような中で第7代藩主となった松平乗利は有能な名君で、90歳以上の者に対しては長寿を称えるということから毎年、米を100苞与えた。さらに文武を奨励して演武場、藩校・明徳館などを創設している。天保4年(1833年)の凶作時には、窮民に対する救済も万全に行なうなど、他の歴代藩主と比較して賞賛されるほどの藩政を行なっている。

乗利の跡を継いだ松平乗謨は、幕末の動乱の中では佐幕派であり、海陸御備向・大番頭を経て、24歳の若さで若年寄にまで栄進し、幕末の幕政に尽力した。文久3年(1863年)9月11日、乗謨は藩庁を手狭な奥殿から、飛び地ではあったが領地の多くが存在する信濃佐久郡に移転した。

しかし、三河国の領民の多くはこの移転に反対して、嘆願書を差し出すほどであったと言われている。

田野口藩(龍岡藩)[編集]

龍岡城[1]

藩庁を移転した乗謨は、洋式の設計によりこの地に築城することを計画し、幕府の許可を得る。元治元年(1863年)に築城を開始したこの城は龍岡城と名付けられたが、完成前に明治維新を迎えた。なお藩の名称も、明治維新直前に田野口藩から龍岡藩に改称されている。

歴代藩主[編集]

松平(大給)家

大給藩[編集]

譜代。1万6000石。

  1. 松平乗次(のりつぐ) 従五位下 縫殿頭
  2. 松平乗成(のりなり) 従五位下 縫殿頭
  3. 松平乗真(のりざね) 従五位下 縫殿頭

奥殿藩[編集]

譜代。1万6000石。

  1. 松平乗真(のりざね) 従五位下 縫殿頭 【正徳元年4月28日藩主就任-享保元年7月5日死去】
  2. 松平盈乗(みつのり) 従五位下 縫殿頭 【享保元年9月5日藩主就任-寛保2年5月21日死去】
  3. 松平乗穏(のりやす) 従五位下 石見守 【寛保2年7月13日藩主就任-天明2年11月21日隠居】〔大番頭。二条城在番〕
  4. 松平乗友(のりとも) 従五位下 兵部少輔 【天明2年11月21日藩主就任-寛政2年3月6日隠居】
  5. 松平乗尹(のりただ) 従五位下 主水正 【寛政2年3月6日藩主就任-享和2年12月2日隠居】〔大坂加番〕
  6. 松平乗羨(のりよし) 従五位下 縫殿頭 【享和2年12月6日藩主就任-文政10年8月23日死去】〔大坂加番。大番頭。二条城在番〕
  7. 松平乗利(のりとし) 従五位下 石見守 【文政10年10月16日藩主就任-嘉永5年3月5日隠居】〔大坂加番〕
  8. 松平乗謨(のりかた) 正四位下 縫殿頭 【嘉永5年3月7日藩主就任-文久3年9月11日移転】〔大番頭。若年寄。海陸御備向掛〕

田野口藩(龍岡藩)[編集]

譜代。1万6000石。

  1. 松平乗謨(のりかた) 正四位下 縫殿頭 〔老中格陸軍総裁

田野口藩現存建物[編集]

龍岡城御台所櫓
  • 大広間は(佐久市落合)時宗寺本堂に移築
  • 東通用口は(佐久市野沢)成田山の門に移築

龍岡城敷地内にお台所(場所は移動されている)

幕末の領地[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 国土交通省 国土画像情報(カラー空中写真)を基に作成(1975年度撮影)
先代:
信濃国三河国
行政区の変遷
1863年 - 1871年
(田野口藩→龍岡藩)
次代:
中野県(信濃国)
伊那県(三河国)