矢島藩

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

矢島藩(やしまはん)は江戸時代、および明治時代初期の藩の1つ。羽後国(旧出羽国由利郡矢島(現在の秋田県由利本荘市矢島町)周辺を領した。藩庁は矢島陣屋(別称:八森陣屋)に置かれた。

概略[編集]

讃岐高松17万1800石の領主であった生駒高俊は、家中不取締りを理由に領地を没収され、堪忍料として矢島1万石を与えられた。さらに、高俊の嫡男高清が弟俊明に2000石を分知したため、以降の生駒氏は8000石の交代寄合(最初は江戸詰交代寄合表御礼衆)となった。

1868年戊辰戦争で当主親敬は新政府に味方し、戦後、功により1万5200石に高直しされ、生駒氏は約200年ぶりに諸侯に列して立藩した。厳密にいえば、矢島配流から交代寄合確定までの1640年 - 1658年と、藩の復活から版籍奉還によって矢島県となるまでの1868年~1869年にしか藩は存在しなかったといえる。

藩史[編集]

生駒氏大和国生駒荘の出身。戦国時代尾張国に移り、親正織田信長豊臣秀吉に仕え、豊臣時代には讃岐高松17万1800石の大名に立身した。関ヶ原の戦いで親正は西軍に味方したものの、嫡男一正を東軍に参加させたため、戦後は所領を安堵される。

しかし、一正の孫高俊は酒色に耽って民政を顧みなかったため、家中に激しい派閥抗争が発生した(生駒騒動)。やがて、内紛は幕府の知るところとなって1640年に改易。堪忍料として高俊に1万石が与えられ、八森陣屋にて約20年の軟禁生活を送った。高清は弟俊明に2000石を分知したため、以後、生駒氏は8000石の江戸詰交代寄合表御礼衆となった。

歴代当主は江戸定府であったため、領地統治は郡奉行の三浦伊右衛門ら山本一党に委ねられたものの、暴政の限りを尽くしたため、1677年、農民代表が江戸の領主に直訴する事態となった。この結果、親興は山本一党に切腹を命じ、年貢もかつての基準に戻すよう命令した。しかし、城代家老・市橋彦兵衛は従来通りの基準で徴収しようとしたため、農民たちは逃亡し、佐藤仁左衛門が再び直訴する事態となった。親興は従来の徴収基準に戻す旨の朱印状を仁左衛門に渡すが、仁左衛門は国許で朱印状を奪われ、仁左衛門やその家族、協力者たちは処刑された。しかし、逃亡した農民たちは帰郷しなかったため、やむなく年貢を従来の基準に戻すことを約束するに至った。これを延宝騒動または仁左衛門騒動という。

1780年親睦は将軍徳川家治より国入りを許され、以後は参勤交代を行った(交代寄合)。領内の実情把握が可能となったためか、それ以降の歴代当主は藩政に力を入れた。

1868年、新政府に抗する奥羽越列藩同盟が結成される。当初、親敬は加盟したが、のちに家中を勤王論に統一して新政府に与した。これによって庄内藩の攻撃を受け、親敬は陣屋を自焼して撤退する。以後、新政府軍とともに東北地方の鎮撫につとめた。1868年の高直しの結果、生駒氏は1万5200石の諸侯に列し、約250年ぶりに讃岐守を称することが許された。翌年、軍功により賞典禄1000石。約200年ぶりに藩が復活したものの、翌年の版籍奉還によって矢島県となり、1871年廃藩置県では秋田県に統合された。

明治17年7月8日、親承男爵が授けられる。

歴代藩主[編集]

生駒(いこま)家[編集]

外様 1万石→8000石→1万5200石

  1. 高俊(たかとし)〔従四位下、壱岐守〕
  2. 高清(たかきよ)
  3. 親興(ちかおき)
  4. 正親(まさちか)
  5. 親猶(ちかなお)
  6. 親賢(ちかたか)
  7. 親信(ちかのぶ)
  8. 親睦(ちかとし)
  9. 親章(ちかあきら)
  10. 親孝(ちかのり)
  11. 親愛(ちかよし)
  12. 親道(ちかみち)
  13. 親敬(ちかゆき)〔従五位下、讃岐守〕

幕末の領地[編集]

明治維新後に由利郡1村(旧旗本領)が加わった。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

  • サイバー記念館 由利本荘市矢島町総合支所振興課のサイト。
  • 佐藤仁左衛門仁左衛門騒動について詳しく説明している。
  • 矢島藩「幕末の諸藩と城郭」についてのサイトの一部。藩の歴史についても詳しく説明している。
先代:
出羽国
行政区の変遷
1640年 - 1871年
(矢島藩→矢島県)
次代:
秋田県