志筑藩

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

志筑藩(しづくはん)は、常陸国新治郡志筑(現在の茨城県かすみがうら市)周辺を知行した小藩。藩庁は志筑陣屋に置かれた。

概要[編集]

関ヶ原の戦いの後、慶長7年(1602年)に常陸国佐竹氏出羽国秋田に減転封されたのと入れ替わりに、上杉攻めで功あった出羽国本堂城(秋田県美郷町)主の本堂茂親が常陸国新治郡志筑に8500石で入部、茂親は旗本交代寄合となり、正保2年(1645年)に同地に陣屋を構え、その後廃藩置県まで本堂氏10代が領主としてこれを治めた。

10代親久のとき明治維新を迎え、その直後の石直しで新田2110石分が認められ、都合1万0110石の大名として諸侯に列した。

幕末に活躍した新撰組隊士・のち御陵衛士伊東甲子太郎鈴木三樹三郎兄弟は本藩の出身である。

歴代藩主[編集]

本堂家[編集]

譜代 8,500石→8,000石→10,110石

  1. 本堂茂親
  2. 本堂栄親 - 弟・親澄に500石分与
  3. 本堂玄親
  4. 本堂伊親
  5. 本堂苗親
  6. 本堂豊親
  7. 本堂親房 - 板倉勝清の子。大番頭となる。
  8. 本堂親庸
  9. 本堂親道
  10. 本堂親久 - 石直しで新田2110石分が認められ、都合1万0110石の諸侯に列す

幕末の領地[編集]

明治維新後に新治郡5村(旧幕府領5村、旧旗本領1村)が加わった。なお相給が存在するため、村数の合計は一致しない。

関連項目[編集]

先代:
常陸国
行政区の変遷
1868年 - 1871年
(志筑藩→志筑県)
次代:
新治県