花房藩

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

花房藩(はなぶさはん)は、明治維新期の短期間、安房国に存在した1868年遠江横須賀藩の西尾家が3万5000石で移封され、1871年廃藩置県まで存続した。藩庁は安房国長狭郡花房村(現在の千葉県鴨川市横渚)の花房陣屋に置かれた。

藩史[編集]

明治元年(1868年)、遠江国横須賀藩主であった西尾忠篤が、安房長狭郡花房村に3万5000石をもって入部したのが花房藩の立藩である。これは徳川宗家静岡藩移封に伴う措置である。翌年の版籍奉還で忠篤は藩知事となり、明治4年(1871年)7月の廃藩置県で花房藩は廃藩となり、花房県、そして木更津県を経て、千葉県に編入されたのである。

歴代藩主[編集]

西尾(にしお)家[編集]

譜代。3万5000石。

  1. 西尾忠篤(ただあつ)

廃藩時点の領地[編集]

なお、いずれも相給が存在するため、村数の合計は一致しない。

関連項目[編集]

先代:
安房国
(藩としては横須賀藩
行政区の変遷
1868年 - 1871年
(花房藩→花房県)
次代:
木更津県