請西藩

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
請西藩庁が置かれた真武根陣屋遺址

請西藩(じょうざいはん)は、江戸時代後期に上総国に所在した。石高は1万石で、藩庁は上総国望陀郡請西村(現在の千葉県木更津市請西)の真武根陣屋(請西陣屋)に置かれた。戊辰戦争によって改易された唯一の藩として知られる。当初藩庁は望陀郡貝淵村(現在の木更津市貝渕)の貝淵陣屋に置かれていたために貝淵藩(かいふちはん)とも呼ばれる。

明治維新後、名義上は望陀郡桜井村を藩庁所在地として桜井藩(さくらいはん)が設置されたが、この藩庁(桜井陣屋)は貝淵陣屋を転用したものである。実質は貝淵藩と同一とみなすことができるため、本項では同藩についても併せて解説する。

ちなみに貝淵・桜井・請西村は隣接関係にあり、貝淵(桜井)陣屋は貝淵・桜井両村の境界線に沿った貝淵村側にあった。藩士の邸宅は3村内に点在していたようである。

藩史[編集]

貝淵・請西藩[編集]

貝淵藩[編集]

林家は小笠原氏の支流を称し、松平親氏の代から松平氏に仕えた三河譜代の家柄である。代々番方を勤める旗本で、忠和の代に3000石を知行した。その後、忠勝・忠久・忠篤・忠英と続く。

天明7年(1787年)4月に徳川家斉が11代将軍に就任すると、忠英は小姓として仕え、家斉の寵臣となった。寛政8年(1796年)に家督を相続した忠英は、小姓番組頭格・御用取次見習・御側御用取次などと栄進し、さらに加増を重ね、文政5年(1822年)には7000石を知行する。

文政8年(1825年)4月、若年寄に昇進して3000石の加増を受け、計1万石の大名に列して貝淵藩が成立した。天保5年(1834年)12月には3000石、天保10年(1839年)3月には江戸城修築などの功を賞されて5000石を加増され、計1万8000石を領した。しかし、家斉が天保12年(1841年)1月に死去すると、将軍家慶と老中水野忠邦の粛清を受け、4月に8000石を没収されたうえ、若年寄も罷免される。さらに同年7月には強制隠居を命じられた。

天保14年(1843年)6月には、天保の改革の一環として行われた印旛沼堀割の手伝普請を命じられた。家斉没後に8000石もの加増地を失った藩財政はさらに逼迫した。

請西藩[編集]

嘉永3年(1850年)11月、忠旭は陣屋を同国望陀郡請西村に移す。以後、請西藩と呼ばれる。

3代藩主忠交は伏見奉行在任中の1867年に急死し、若年の嫡男忠弘に代わって甥の忠崇が家督を相続した。

慶応4年(1868年)、上総に転じた遊撃隊による助力要請に接した忠崇は旧幕府側に与することを決し、自ら脱藩して同藩士とともに遊撃隊に合した。房総相模にて新政府軍と抗戦したのち、旧幕府勢力の制する東北各地に転じた。敵対する忠崇の行動は新政府の怒りを買い、明治元年(1868年)に改易となった。請西藩は、戊辰戦争によって改易された唯一の藩である。

明治維新後の林家[編集]

仙台に転戦した忠崇は、徳川宗家が駿府70万石の諸侯として存続するとの報に接し、新政府軍に降伏した。以後は江戸の唐津藩邸にて幽閉される。明治2年(1869年)、同家は忠弘を当主とする300石の東京府士族として存続した。忠崇も1872年に赦免されたものの、家禄の削減・廃止もあり、以後は職を転々とする困窮した生活を送った。

明治22年(1889年)、大日本帝国憲法発布にともなう大赦によって西郷隆盛の名誉が復権するや、旧藩士らは林家の復権運動を起こす。明治26年(1893年)、忠弘に対して男爵が授けられた。

なお、忠崇は昭和16年(1941年)に94歳で死去するまで在命し、「最後の大名」としてこの世を去った。

桜井藩[編集]

明治元年(1868年)7月13日、駿河国小島藩から1万石で松平信敏が上総国に移転した。当初は上総国周准郡南子安村金ヶ崎(現在の君津市南子安)に子安陣屋を置いて藩庁とし、金ヶ崎藩と称した。しかし翌年3月に藩庁を望陀郡桜井村に移し、桜井藩に改称した。南子安村の交通が不便であったためとされている。桜井藩が藩庁とした桜井陣屋は、かつての貝淵藩時代の陣屋と全く同一であった。この背景には、貝淵藩(請西藩)が朝敵として改易された経緯から「貝淵藩」の名称を避け、隣村の名前を取って「桜井藩」と称したのが実情のようである。信敏は藩内における治水工事に尽力した。

明治4年(1871年)の廃藩置県により、桜井藩は廃藩となって桜井県となり、同年11月には合併によって木更津県が成立して県庁が貝淵陣屋(桜井陣屋)に設置された。後に同県は印旛県と合併して千葉県となった。

歴代藩主[編集]

貝淵・請西藩[編集]

林家

譜代 1万石→1万3000石→1万8000石→1万石(1825年 - 1868年)

  1. 忠英(ただふさ) 〔従五位下、肥後守、若年寄
  2. 忠旭(ただあきら) 〔従五位下、播磨守〕
  3. 忠交(ただかた) 〔従五位下、肥後守、伏見奉行
  4. 忠崇(ただたか) 〔従五位〕

桜井藩[編集]

松平(滝脇)家

譜代 1万石(1868年-1872年)

  1. 信敏(のぶとし)〔従五位下、丹後守〕

領地[編集]

請西藩(幕末)[編集]

桜井藩(廃藩時)[編集]

  • 上総国
    • 周淮郡のうち - 26村(旧飯野藩領1村、前橋藩領6村、安房上総知県事領19村、内訳は旧幕府領8村、旗本領7村、与力給地2村、飯野藩領5村、請西藩領1村、前橋藩領1村) 
    • 望陀郡のうち - 25村(旧前橋藩領2村、安房上総知県事領24村、内訳は旧久留里藩領15村、旧請西藩領9村)
    • 市原郡のうち - 1村(旧請西藩領)

なお、いずれも相給が存在するため、村数の合計は一致しない。

参考文献[編集]

  • 中村彰彦『脱藩大名の戊辰戦争』(2000年、中公新書) ISBN 4121015541
先代:
上総国
行政区の変遷
1825年 - 1868年
(貝淵藩→請西藩)
次代:
廃藩
(事実上の後継は桜井藩)
先代:
(上総国)
(事実上の前身は請西藩)
行政区の変遷
1868年 - 1871年
(桜井藩→桜井県)
次代:
木更津県