小久保藩

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

小久保藩(こくぼはん)は、明治維新期の短期間、上総国に存在した1868年遠江相良藩の田沼家が移封され、1871年廃藩置県まで存続した。石高は1万石余、藩庁は上総国天羽郡小久保(現在の千葉県富津市小久保)の小久保陣屋。

藩史[編集]

明治元年(1868年)9月、遠州相良藩主・田沼意尊(1万石)が同地に移封されたことにより立藩した。意尊は、第10代将軍・徳川家治のもとで老中を勤めた田沼意次の曾孫である。翌年6月、版籍奉還により意尊は小久保藩知事となる。意尊は洋学を取り入れた近代的な藩校創設に尽力したが、同年12月に病死。養嗣子の田沼意斉(実父は大岡忠恕)が家督を相続し、同様に藩校創設に尽力している。

明治4年(1871年)の廃藩置県により廃藩となった。

歴代藩主[編集]

田沼(たぬま)家[編集]

1万1270石。譜代

  1. 田沼意尊(おきたか)<従五位下。玄蕃頭>
  2. 田沼意斉(おきなり)<従五位下>

廃藩時点の領地[編集]

なお、いずれも相給が存在するため、村数の合計は一致しない。

小久保県[編集]

小久保県は1871年8月29日(明治4年7月14日)の廃藩置県で設置された県。1871年12月24日(明治4年11月13日)に合併して木更津県になる。

関連項目[編集]

先代:
上総国
(藩としては相良藩
行政区の変遷
1868年 - 1871年
(小久保藩→小久保県)
次代:
木更津県