林田藩

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

林田藩(はやしだはん)は、江戸時代播磨国揖東郡にあった。藩庁として林田(現・兵庫県姫路市林田町聖岡)に林田陣屋が置かれた。表高は1万石。

略史[編集]

豊臣政権下で尼崎郡代700石であった建部光重の子・政長が藩祖。政長は池田輝政の養女(下間頼龍の娘)を母とする池田氏一族。池田利隆忠継兄弟の幕下の大坂の役で戦功を挙げ、元和元年(1615年)伯父の池田重利とともに摂津川辺郡西成郡尼崎藩1万石を与えられ大名に取り立てられた。元和3年(1617年)、宗主である姫路藩池田氏の転封により林田に移り、林田藩が成立した。

建部氏外様大名でありながら、明治維新まで10代政世まで250年余りに亘り林田藩を治めた。また3名の藩主が大番頭となっている。中でも、3代・政宇伏見奉行になり、後に寺社奉行にもなっている。

7代・政賢寛政6年(1794年藩校敬業館を開いた。9代政和大番頭として京都、二条城守護に就き、藩校敬業館振興のため、藩校の講師に河野鉄兜(こうの てっとう)を迎えた。この敬業館の講堂は文久3年(1863年)に焼失ののち復興。講堂は現存しており平成4年(1992年)姫路市指定文化財に指定されている。

林田藩は明治4年(1871年廃藩置県により林田県となる。その後、姫路県飾磨県を経て兵庫県に編入された。その後建部氏は明治17年(1884年子爵となり華族に列せられた。

歴代藩主[編集]

  • 建部(たけべ)家

外様 1万石 (1617年 - 1871年)

  1. 政長(まさなが)〔従五位下、丹波守〕
  2. 政明(まさあき)〔従五位下、丹波守〕
  3. 政宇(まさのき)〔従五位下、内匠頭 寺社奉行〕
  4. 政周(まさちか)〔従五位下、丹波守〕
  5. 政民(まさたみ)〔従五位下、丹波守〕
  6. 長教(ながのり)〔従五位下、近江守〕
  7. 政賢(まさかた)〔従五位下、内匠頭 大番頭〕
  8. 政醇(まさあつ)〔従五位下、内匠頭 大番頭〕
  9. 政和(まさより)〔従五位下、内匠頭 大番頭〕
  10. 政世(まさよ)〔従五位下、内匠頭〕

幕末の領地[編集]

幕末の林田藩領分
郡名 村名 石高 M22市制町村制施行 現在
揖東郡 紀美村[1] 437.966705 大津村 姫路市大津区
矢田辺村 690.187195 太田村 揖保郡太子町
東南村 578.504028
中太田村[2] 1624.205811
東保出屋敷村 224.317993
東保村 591.226990
平方村[3] 70.679001 龍田村
柳村[3] 286.575012
野部村 291.645294 神岡村 たつの市(旧龍野市)神岡町
田中村 466.634308
寄井村 558.398193
沢田村 973.760071
入野村 618.599792
宿村[4] 473.514893
横落村[5] 1807.033569
筒井村 212.427002
奥村 118.490700
構村 1085.124878 林田村 姫路市林田町
六九谷村 902.320801
奥佐見村 638.442505
大提村 213.481995
松山村 653.634705
下野村 402.971008 新宮村 たつの市(旧揖保郡新宮町
北村 291.467712 越部村
橋崎村[6] 678.061707

脚注[編集]

  1. ^ 吉美村
  2. ^ 太田村
  3. ^ a b 佐用岡村
  4. ^ 東觜崎村に併合
  5. ^ 横内村
  6. ^ 觜崎村

関連項目[編集]

参考文献[編集]

先代:
播磨国
行政区の変遷
1617年 - 1971年
(林田藩→林田県)
次代:
姫路県