言語政策

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

言語政策(げんごせいさく)とは、国家の優先事項に沿って政府法律を通してどの言語を使うことにするかを決定する公式決定または政策で、個人または集団権利を確立するために必要な言語能力を深めて彼らが自分たちの言語を使用できるように維持するためのものである。

多くの国々は、特定または複数の言語使用を支持するか、もしくは規制するような言語政策を持っている。歴史的に見ると、国家は、いかなる代価を払ってでも唯一の公用語を奨励するために言語政策を使ったが、現在では、危機言語を保護する政策を取っている国も多くある。

関連項目[編集]