対照言語学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

対照言語学(たいしょうげんごがく、: contrastive linguistics: linguistique contrastive: kontrastive Linguistik)は、言語と他の言語を比較する言語学の一分野で、目標の言語を基本の言語と対照すること、すなわち対照分析(contrastive analysis)によってその目標言語(target language)の特徴を捉えようとする学問分野である。

また、比較言語学で比較対比されるのは、語根を中心とする語彙における音韻形態素であるのに対し、対照言語学が好んで扱うのは語形成を含む文法であり、音韻や語彙体系を扱うことは比較的少ない。

関連項目[編集]