ジョシュア・フィッシュマン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アバディーン大学ゲール語について講演するジョシュア・フィッシュマン

ジョシュア・フィッシュマンJoshua Fishman1926年7月18日 - ) は、アメリカ合衆国社会言語学者スタンフォード大学教授。ユダヤアメリカ人。言語民族主義宗教政策などを論ずる。

ペンシルベニア大学で学士および修士号取得、コロンビア大学より社会心理学の博士号取得。

参考書籍[編集]

  • 1991 Reversing language Shift: Theory and Practice of Assistance to Threatened Languages. Clevedon, Multilingual Matters.
  • 1996 Post-Imperial English: The Status of English in Former British and American Colonies and Spheres of Influence. (ed.) Mouton de Gruyter, Berlin.
  • 1997 In Praise of the Beloved Language; The Content of Positive Ethnolinguistic Consciousness. Berlin, Mouton de Gruyter.
  • 1997 The Multilingual Apple: Languages in New York (with Ofelia Garcia). Berlin, Mouton de Gruyter.
  • 1999 Handbook of Language and Ethnicity (ed.). New York, Oxford University Press.
  • 2000 Can Threatened Languages Be Saved? Clevedon, Multilingual Matters.