国際母語デー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

国際母語デー(2月21日)とは、言語と文化の多様性、多言語の使用、そしてあらゆる母語の尊重の推進を目的として、国際連合教育科学文化機関(ユネスコ)が1999年11月17日に制定した、国際デーのひとつである。 この国際デーは、1952年2月21日、当時はパキスタンの一部だったバングラデシュの首都ダッカで、ベンガル語公用語として認めるように求めるデモ隊に警官隊が発砲し、死者が出たことに因むものである。バングラデシュでは、独立運動の中の重要なできごとの一つとしてこの日を「言語運動記念日」としていた。

歴史[編集]

宗主国イギリスがインドを去る1947年、かつての植民地は宗教を基にインドパキスタンに分けられた。パキスタンは西パキスタンと東パキスタン(現バングラデシュ)から構成された。人口は東パキスタンが多かったものの、政治の中枢は西パキスタンにあった。東パキスタン(現バングラデシュ)の人々は、ベンガル語という、西パキスタンの人々の言語(ウルドゥ語)とは異なる言語を母語としていた。両言語は、インド・ヨーロッパ語族としての起源は共有するものの、日常の言語としてはかなりの隔たりがあった。 イスラム教徒の言語による団結を掲げたジンナーはじめパキスタン政府は、全パキスタンの国語としてウルドゥ語を掲げたが、それはバングラデシュの人々が公職に就くためには、ウルドゥ語を学ばなければならないことになる。 これに対しダカ大学の学生がすぐさま抵抗を開始した。1952年2月21日、学生たちは抗議活動を宣言した。中央政府は法令144を発動し、集会を禁じることでこの封じ込めにかかった。集会は反政府行動とみなし、射殺する、とした。2月21日、集会を開いている学生たちがいた。行動を中止しようと言う 学生たち、命を賭して戦おうと言う学生たち。結局学生たちは命より言語(ベンガル語)を選び、敢然と行動し、そして死んでいった。 Rafiq, Jabbar, ShafiurそしてSalam、その他、勇気ある学生たちが犠牲となった。 彼らの倒れたダッカ大学構内の地に、ショヒド・ミナール(言語に殉じた若者 たちの碑)が建てられた。碑は、悲しみの母と倒れた息子たちを表している。 母語を死守しようして倒れた息子たちを思い、母は頭(こうべ)を垂れる。後ろ の赤い円は、死んでいった若者たちの血である。 人が命に代えて言語を守ったのは、歴史で初めてのことだった。 それから 半世紀後の1999年、ユネスコは、2月21日を国際母語デー(International Mother Language day)に制定した。世界のあらゆる言語を守るために。 なおショヒド・ミナールのレプリカは世界各地に建てられている。日本にも、池袋駅近くの公園に存在する。

日本と国際母語デー[編集]

 国連による国際母語デーとしての制定をうけ、日本でもこの日(2月21日)を記念する動きが広がっている。先述の通り池袋駅西口の公園には、その母語の日の恒久的記念碑である殉難者顕彰碑ショヒド・ミナールが建設され、毎年2月21日には母語を見つめ直すイベントが開催されている。

国際母語デーの意義[編集]

世界の共通語(Lingua Franca)としての英語の圧倒的な隆盛の一方で、消滅したりといった危機にさらされる言語が後を絶たない。このような状況下、国際母語デーの意義は大きい。 近年バングラデシュ国内では、隣接するインドからのテレビ放送により主に子供達の間にヒンディー語が広まりつつあり、その反動としてベンガル語愛護運動が盛んとなっている。このベンガル語愛護運動のよりどころとして、この国際母語デーは存在感を増している。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]