ショヒド・ミナール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ダッカ薬科大学近隣に位置する、ショヒド・ミナール

ショヒド・ミナールベンガル語: শহীদ মিনার)は、バングラデシュの首都ダッカにある国定記念碑。1952年に起こったベンガル言語運動の犠牲者を追悼する目的で建設された。

1952年2月21日、母国語であるベンガル語の対等な社会的地位を要求したベンガル人の主張者へ、パキスタンの警察隊が発砲し、多くの学生と政治活動家達が殺害された。この虐殺は、ダッカにあるダッカ薬科大学とラムナ・パークの近隣で起こった。同年2月23日[1] に、一時的な記念碑がダッカ大学と別の教育機関によって建設されたが、そのすぐ後の2月26日に記念碑はパキスタンの警察により取り壊された。[2]

言語運動は勢いがつき、長期に渡る争いの後、ベンガル語はウルドゥー語と対等の地位を獲得した。運動で死亡した人々を追悼するために、バングラデシュの彫刻家、ハミドゥル・ラハマンによってショヒド・ミナールがデザイン及び建設された。記念碑は1971年のバングラデシュ独立戦争が起こるまで建っていた。この戦争でパキスタン軍が実行し、結果として5万人の市民の命が奪われたと推定される大量虐殺、サーチライト作戦 (Operation Searchlight) が行われていた中で完全に破壊されてしまった。バングラデシュの独立後、記念碑は再び建設された。

現在、ショヒド・ミナールはダッカに置いて文化的な活動の中心地となっている。毎年、この記念碑で言語運動の慰霊祭が行われる。

沿革[編集]

1952年2月23日から建て始められた、最初のショヒド・ミナール。

最初のショヒド・ミナール[編集]

最初のショヒド・ミナールは、2月21日の運動のすぐ後に建設された。この最初の記念碑の主な計画者及びデザイナー、サイード・ヘイダーによれば、この場所へ建設するという決定は、最初にダッカ薬科大学の学生達によって下されたという。建設計画は2月22日の真夜中からスタートし、工事はその翌日に始められた。当時この場所では夜間外出禁止令が出されていたが、生徒達は2月23日の午後にミナールの建設を開始した。彼らは夜を徹して作業を行い、夜明けには工事が完了した。ミナールには手書きで、「Shaheed Smritistombho(犠牲者の碑、の意)」の文字を書いた紙が貼り付けられた。この最初のミナールは、縦10フィート、横6フィートの大きさであった。[3]ミナールは虐殺で殺されたソフィウル・ラハマン (Sofiur Rahman) の父親により、落成式が行われた。しかし、これはその後数日で、警察隊とパキスタン軍により取り壊されてしまった。[1]

ショヒド・ミナール(1963年~1971年)[編集]

バングラデシュの政党アワミ連盟が力を持つようになると、政府による報復を恐れること無く、新たな記念碑を建設することが可能となった。著名な建築家であるハミドゥル・ラハマンが、1957年に建築が開始されるショヒド・ミナールのデザインを作成した。ミナールの基礎となる石は、1956年2月21日に敷かれている。ハミドゥル・ラハマンのモデルは、ダッカ薬科大学寄宿寮の庭にある広大な土地に、巨大な複合施設を建てるというものだった。この巨大なデザインには、記念碑中央の高座にたたずむ母と犠牲となったその息子を象徴した、半円形の柱が含まれていた。また、太陽に反射する目を象徴した黄色と深い青色のステンドグラスは、その柱の動く影を反射するようにデザインされた。ミナールの地下にも、言語運動の歴史を描いた1500平方フィートに及ぶフレスコ画が含まれていた。ベンガル語のアルファベットで装飾された柵は、前面に建設される予定であった。他に、赤と黒に彩られ、2つの相反する力を示している2つの足跡も、デザインのうちの一つだった上に、博物館や図書館を建設することもまた、ラハマンの計画には含まれていた。目のような形状をした泉が建設される予定もあった。

ラハマンは、特に記念碑が地域一帯の熱帯性の気候にも耐えられるように、記念碑をデザインした。建設工事は1957年11月に開始されており、この際の建築監督はハミドゥル・ラハマンとノヴェラ・アハメドであった。地下階・演壇・柵の付いた柱・足跡と壁の幾つかを含む工事のほとんどは、戒厳令が導入されて工事が中止させられた際に完了している。よって建築が竣工に至ったのは1963年のことであり、ラハマンのデザインの多くは完成されないままとなった。記念碑は1963年2月21日、言語運動の犠牲者アブール・バーカトとハシナ・ベーガムの母親により、落成式が行われた。しかし、1971年に起こったバングラデシュ独立戦争で、ミナールは激しく損傷してしまった。設置されていた柱も、この闘争の中で破壊されている。[4]パキスタン軍はミナールを破壊し、その瓦礫の上に「モスク」と書かれた看板を立てた。

現在のショヒド・ミナール[編集]

現在のショヒド・ミナールのデザインは、おもに1957年当時の原案を継承したものだった。ミナールは14フィートある高い壇の上に、純正の大理石を用いて建設された。階段と柵は、神聖な容貌を創りだすため、白く塗装されている。両側のフェンスは、鉄製の文字で著名な詩人の詩の1節が強調されている。また、記念碑入口には、2つの像がある。

それ以前の1973年2月に、政府がショヒド・ミナールの修復を急いだ結果、ミナールは計画とは誤って建設されてしまった。柱の高さは短く、頭頂部は当初計画されていたものよりも折れ曲がり、記念碑の他の部分もきちんと整備されていなかった。

ショヒド・ミナールの修復は、ホサイン・モハメド・エルシャド大統領の政権下でも再び開始された。この時、主な壇と柱は作り変えられなかったが、階段は前面に拡張され、ミナールの下部にあった小屋は閉鎖された。また、前面の建物も、高く作り変えられている。その結果として、建物や階段の区域一帯は増強された。[5]

池袋西口公園のショヒド・ミナール

レプリカ[編集]

ショヒド・ミナールはバングラデシュのシンボル的な記念碑であり、バングラデシュ国外においても、大規模なバングラデシュ人コミュニティーが存在するいくつかの都市では、レプリカが建設されている。[6]日本では、池袋西口公園にバングラデシュ政府から寄贈されたレプリカがある。[7]

参考[編集]

  1. ^ a b Al Helal, B (2003), Bhasha Andoloner Itihas, Agamee Prakashani, Dhaka, ISBN 984-401-523-5(ベンガル語)
  2. ^ The Azad (a daily newspaper) (Abul Kalam Shamsuddin, Dhaka), February 27 1952
  3. ^ The Azad (a daily newspaper) (Abul Kalam Shamsuddin, Dhaka), February 25 1952
  4. ^ Imam, Jahanara (1986). Ekattorer Dingulee (in Bengali). Dhaka: Shondhani Prokashani, p44. ISBN 984-480-000-5
  5. ^ Islam, Rafiqul (2000), Amar Ekushey O Shaheed Minar, Poroma, ISBN 984-8245-39-1(ベンガル語)
  6. ^ Shaheed Minar National Monument - Honoring the Bengali Language Movement Martyrs [1]
  7. ^ バングラ独立と池袋西口公園[2]

外部リンク[編集]