太平御覧

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
『太平御覧』

太平御覧』(たいへいぎょらん)は、中国代初期に成立した類書の一つである。同時期に編纂された『太平広記』、『冊府元亀』、『文苑英華』と合わせて四大書と称される。李昉等による奉勅撰、977年から983年太平興国2-8年)頃の成立。

もとの名を「太平総類」というが、太宗が毎晩3巻ずつを閲読していたことから、現名に改められたという。構成は、天部から百卉部に及ぶ全55部よりなる。この部篇数は、『周易』「繋辞伝」にある天地の数に基づいている。さらに、55部を附目を含めて5426類目に細分化している。各目には、諸々の書物の記事や文章を抜粋した上で分類排列している。

引用する書物の数は、巻頭にある書目によれば、1690種とするが、多少の重複が見られる。さらに、詩や賦などを含めれば、2000種以上に上ることとなる。ただし、原典からの引用ではなく、先行する類書である北斉の『修文殿御覧』(佚書)や、代の『芸文類聚』、『文思博要』(佚書)からのいわゆる孫引きであることが多い。ただ、引用書の大半が亡佚してしまった今となっては、資料的価値が高い。

版本としては、日本に伝来した1199年慶元5年)の蜀刻本の残本945巻が知られる。これに基づき、別系統の宋本で補った『四部叢刊三編』(上海商務印書館1935年)所収の景宋本、および、その重印本(中華書局1960年)が見られる。

外部リンク[編集]