類聚名義抄

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

類聚名義抄(るいじゅみょうぎしょう)は、11世紀末から12世紀頃に日本で成立した、漢字を引くための辞書字書)。「仏」「法」「僧」の3部に分かれる。編者は明らかでないが、法相宗の学僧とみられる。略称、名義抄。「るいじゅうみょうぎしょう」の読みは誤り。

伝本[編集]

今日伝わる主な本は次の通りである。

  • 図書寮本。宮内庁書陵部蔵。永保元年(1081年)から康和2年(1100年)頃に成立。原撰本のおもかげを残すが、「法」部の前半しか伝わらない零本(完全ではない本)である。字の説明には詳しい出典を付している。
  • 観智院本。天理図書館蔵(国宝)。鎌倉時代中期の書写。原撰本を増補改編した系統の一本であり、今日、完本として伝わっているのはこの本のみである。「仏」「法」「僧」部がそれぞれ上中下に分かれ、「仏」の下はさらに「下本」「下末」に分かれている。
  • 高山寺本。天理図書館蔵。表題は「三宝類字集」。改編本系。観智院本の「仏」部上および中の一部にあたる「巻上」のみ伝わる。
  • 宝菩提院本。東寺宝菩提院蔵。改編本系。零本。

そのほか、改編本系に属する蓮成院本(転写本は宮内庁書陵部蔵)、西念寺本(転写本は関西大学蔵)があるが、いずれも零本である。

内容[編集]

図書寮本では、漢字を字形ごとに並べて掲出し、反切(発音)・用例・和訓・和音などを多くは出典つきで記す。さらに、和訓のアクセントを点(声点)の位置によって示す場合も多い。たとえば、

洌 玉云、力折反。寒皃。潔也。イサキヨシ

とある項目では、「洌」という漢字について、まず、「玉(ごく)に云ふ」と、『玉篇』の説を引用する。「力折反」は反切で、「力」の声母と「折」の韻母を合わせた発音であると示す。「寒皃。潔也。」は「寒い様子。潔い。」という字義説明である。「イサキヨシ」は和訓で、『周易』の訓にあることを示すものとみられる。さらに「イサキヨシ」の「イサ」の左上に声点が打ってある。図書寮本の成立した当時、「いさぎよし」の「いさ」の部分を高く発音したことが分かる。

観智院本では項目・和訓などが増補された代わりに出典が省略されている。たとえば、「洌」では、

洌 力折反 スム サムシ キヨシ イサキヨシ ハ下シ

のように、反切の直下に和訓が5つ並んでいる(「ハ下シ」は「はげし」)。「イサキヨシ」の「イサ」の左上に声点があり、また、「ハ下シ」の「ハ下」の左下に声点がある。観智院本の書写された当時、「はげし」の「はげ」は低く発音したことが分かる。

このように、本書は種々の情報を盛り込んだ詳しい字書であるため、資料的価値が非常に高い。日本語学の分野では、平安時代末期・鎌倉時代語彙や、単語アクセントを知る上で貴重な資料となっている。