切韻

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

切韻』(せついん)とは、文帝仁寿元年(601年)の序がある、陸法言によって作られた韻書唐代科挙の作詩のために広く読まれた。最初は193韻の韻目が立てられていた。

清朝考証学において隋唐の中古音を復元するための最も基本的な資料となり、中古音は切韻音系と呼ばれる。ただし、原書は早くに亡佚していて、実際の復元作業は、宋代に『唐韻』を増補修訂した『広韻』によってなされた。20世紀初頭、敦煌から唐代の文献が大量に出土し、そのなかに唐代の『切韻』原本の残巻および増訂本が発見された。また北京故宮から「刊謬補欠切韻」と題される龍鱗裝の唐代写本が発見されている。 切韻自体の復元は、おもに神戸の上田正・臺南の李永富らによってなされた。

関連項目[編集]