藤田尚徳

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
藤田 尚徳
Hisanori Hujita.jpg
生誕 1880年10月30日
死没 1970年7月23日
所属組織 大日本帝国海軍の旗 大日本帝国海軍
軍歴 1903 - 1939
最終階級 海軍大将
除隊後 侍従長
明治神宮宮司
テンプレートを表示

藤田尚徳(ふじた ひさのり、1880年明治13年)10月30日 - 1970年昭和45年)7月23日)は、日本の海軍軍人侍従長もつとめた海軍大将である。

人物[編集]

父は旧津軽藩士・藤田潜。幼少期は兄・貞固[1]と共に、父が学校長を務めることになる攻玉社幼翆科(現在の小学校課程)で学び、旧制東京府立一中を経て、海軍兵学校へ進む。後年内閣総理大臣を務めた米内光政は、海軍兵学校の同期生である。席次は115名中15番。

藤田は砲術学校高等科を修了した砲術専攻の士官であった。海軍省軍務局、人事局勤務を経て、戦艦・霧島艦長。1928年(昭和3年)12月には人事局長就任。以後、艦政本部長、海軍次官呉鎮守府司令長官、軍事参議官など要職を歴任。

1939年(昭和14年)、海軍兵学校同期の高橋三吉と語らい、米内を現役の海軍大将で残すため[2]に、自ら予備役を願い出て編入の後、明治神宮宮司を経て、1944年(昭和19年)9月から1946年(昭和21年)5月まで昭和天皇侍従長を務めた。終戦後の1945年(昭和20年)9月27日、昭和天皇に付き従い、虎ノ門の米国大使館でのマッカーサーとの会見に同行。会見後の予定になかったマッカーサーの御見送りや、帰りの車中での天皇の機嫌の良かったことから、その後の皇室の安寧を確信した。

侍従長退任後は愛知県安城市に隠遁し、また天皇より鳩杖を賜る。

略歴[編集]

著作[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 東京府立第一中学校第一高等学校千葉医専を経て淀橋で外科医院を開業
  2. ^ 『歴代海軍大将全覧』p.233

参考文献[編集]

  • 海軍歴史保存会編『日本海軍史』(第9巻)第一法規出版
  • 秦郁彦編『日本陸海軍総合事典』東京大学出版会
  • 半藤一利横山恵一、秦郁彦、戸高一成『歴代海軍大将全覧』中公新書ラクレ ISBN 4-12-150177-2
  • 明治百年史叢書第74巻『海軍兵学校沿革』原書房