大金益次郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

大金 益次郎(おおがね ますじろう、1894年10月28日 - 1979年3月11日)は、昭和期の日本官僚

経歴[編集]

栃木県出身。大田原中学二高を経て、1919年東京帝国大学法学部を卒業し、内務省に入省。

大阪府保安課長・京都府地方課長などを経て、1927年宮内省に移る。宮内大臣秘書官侍従・総務局長などを歴任した後、1945年宮内次官。翌1946年戦後初の侍従長に就任。昭和天皇の信任厚く、同年神奈川県を皮切りに始まった全国巡幸では、宮内大臣松平慶民・宮内次官加藤進とともに、企画・立案・実施の中心人物として活躍した。

1947年に退任し、以後は日本銀行監事・済生会理事長を務めた。著書に「巡幸余芳」がある。

参考文献[編集]

  • 戦前期官僚制研究会編 / 秦郁彦著『戦前期日本官僚制の制度・組織・人事』、東京大学出版会、1981年
先代:
藤田尚徳
侍従長
1946年 - 1948年
次代:
三谷隆信