正親町実正

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
正親町実正

正親町 実正(おおぎまち さねまさ、安政2年6月7日1855年7月20日) - 大正12年(1923年6月26日日本華族伯爵)・官僚薬剤師大正天皇侍従長を務めた。従二位[1]

概要[編集]

正親町実光の三男である正親町実徳の長男として生まれ、公卿正親町実董の嗣子となり、孝明天皇侍従となった[2]。維新後東京帝国大学で研究の後、宮内省御用掛として侍医寮の薬剤掛を担当した[2]1882年明治15年)、正親町家の家督を継ぎ、1884年明治17年)伯爵に叙せられた。1890年明治23年)には貴族院議員となった。1893年明治26年)には日本薬剤師会を設立した。1899年明治32年)2月から翌年10月まで第10代埼玉県知事に就任した[2]。その後賞勲局総裁となり、1918年大正7年)5月27日から1921年大正10年)3月22日まで、大正天皇の侍従長を務めた。その後再び賞勲局総裁に就任した。1923年(大正12年)6月26日死去。

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]