徳川義寛

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
とくがわ よしひろ
徳川 義寛
生誕 1906年11月7日
日本の旗 日本東京府
死没 1996年2月2日(満89歳没)
国籍 日本の旗 日本
出身校 東京帝国大学文学部美学美術史学科
ベルリン大学
職業 侍従(1936年 - 1969年)
侍従次長(1969年 - 1985年)
侍従長(1985年 - 1988年)
公益法人日本博物館協会会長
父:徳川義恕男爵
母:徳川寛子
本来の表記は「德川義寬」です。この記事に付けられた題名は記事名の制約から不正確なものとなっています。

徳川 義寛(とくがわ よしひろ、1906年11月7日 - 1996年2月2日)は、昭和天皇の側近、侍従長尾張(名古屋)藩徳川慶勝の孫で、常陸宮正仁親王妃華子の伯父にあたる。

来歴[編集]

1906年、尾張徳川家分家、徳川義恕の長男として東京府に生まれる。1930年、東京大学文学部美学美術史学科を卒業。ベルリン大学留学後、帝室博物館(現東京国立博物館)研究員。1936年、侍従となり、1985-1988年は入江相政のあとをうけて侍従長を務めた。

  • 1936年(昭和11年)11月20日 - 侍従
  • 1969年(昭和44年) - 侍従次長
  • 1985年(昭和60年)10月-1988年(昭和63年)4月 - 侍従長。

太平洋戦争末期、天皇の玉音放送をめぐって起きた未遂クーデター、宮城事件を描いた書著および映画『日本のいちばん長い日』に侍従として登場する。

侍従長退任後は、公益法人日本博物館協会会長を務めた。没後の1999年に、終戦時の詳細な日記『徳川義寛終戦日記』が刊行され、話題となった。

著書[編集]

  • 独墺(ドイツ・プロイセン、オーストリア)の美術史家(座右宝刊行会、1944年) 序文児島喜久雄
  • 皇居新宮殿(保育社カラーブックス 1969年) 公式ガイドブックに準ずる
  • 侍従長の遺言 昭和天皇との50年(朝日新聞社、1997年2月) 宮内庁詰め記者の岩井克己による聞き書き・解説
  • 徳川義寛終戦日記(御厨貴岩井克己監修、朝日新聞社、1999年11月)

徳川義寛を演じた人物[編集]

参考文献[編集]

外部リンク[編集]

先代:
入江相政
侍従長
1985年 - 1988年
次代:
山本悟