有馬良橘

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
有馬 良橘
Arima Ryokitsu.jpg
海軍正装に勲一等旭日大綬章を着用した有馬良橘
生誕 1861年12月16日
日本の旗 紀伊国和歌山(現・和歌山県和歌山市
死没 1944年5月1日
所属組織 大日本帝国海軍の旗 大日本帝国海軍
軍歴 1886 - 1931
最終階級 海軍大将
除隊後 枢密顧問官
議定官
明治神宮宮司
テンプレートを表示

有馬 良橘(ありま りょうきつ、文久元年11月15日1861年12月16日) - 昭和19年(1944年5月1日)は、日本軍人。最終階級は海軍大将正二位勲一等功三級和歌山県和歌山市出身。養子に海軍中将有馬寛がいる。

経歴[編集]

文久元年11月15日1861年12月16日)、紀州藩士・有馬元函の長男として生まれる。父の元函は紀州徳川家家臣として幕府軍側に参戦転戦したために、良橘が幼少の頃は朝敵扱いされ、良橘の尋常小学校入学が12歳まで遅延する結果を招く。旧制三田英学校より海軍兵学校第12期入校。入校時成績順位は44名中第16位、卒業時成績順位は19名中16位。

有馬の職歴の特徴として明治天皇東郷平八郎との関わりが深く、東郷の側近中の側近として、東郷が昭和9年(1934年)に没した際は葬儀委員長も務めた(明治神宮宮司との兼務が問題となり途中辞任[1])が、政治的には全くの無色な態度を通した。

日露戦争では旅順港閉塞作戦を立案し、3回の作戦中2度指揮官の1人として自ら参加した。この実績から日露戦争を代表する勇士の一人として、海軍の後輩からの信望が厚かった。大正初期のシーメンス事件では、当時の海軍大臣八代六郎から請われ査問委員を務め公正な判断を下す。

昭和期に入り条約派対艦隊派間の紛争となった際は艦隊派が、有馬が東郷の側近の1人と知って担ぎ出そうとした際も「一介の軍人が介入すべき事項では無い」と一切拘わりを拒絶した。ただし有馬が理事長であった海軍予備役士官の団体である有終会は軍縮会議に反対を唱えている[2]

晩年は明治天皇の侍従武官を務めた経歴から明治神宮宮司を務めた。

人物像[編集]

幼少の頃から苦労を強いられた人生を送ったために、普段の私生活は海軍将官とは想像もできない清貧を極めたものだった。また、明治、大正昭和各天皇の信任が篤かった。

年譜[編集]

参考文献[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ アジア歴史資料センター第一編 第三章 第三節 宮司ノ葬儀委員長 第一 序説 レファレンスコード:A10110735000
  2. ^ 池田清『海軍と日本』朝日ソノラマ(下)p.122


先代:
加藤定吉
村上格一
海軍教育本部長
第15代:1916年12月1日 - 1917年4月6日
第17代:1919年12月1日 - 1920年12月1日
次代:
村上格一
野間口兼雄
先代:
村上格一
第三艦隊司令長官
第2代:1917年4月6日 - 1918年12月1日
次代:
黒井悌次郎