加藤良三

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
加藤 良三
生誕 1941年9月13日
秋田県由利郡由利町(現:由利本荘市
出身校 東京大学法学部
職業 外交官

加藤 良三(かとう りょうぞう、1941年9月13日 - )は、日本外交官、前プロ野球コミッショナー三菱商事特別顧問で2009年6月より社外取締役埼玉県生まれ、秋田県由利郡由利町(現:由利本荘市)出身。

来歴・人物[編集]

成蹊高等学校を経て東京大学法学部を卒業。1965年(昭和40年)に外務省入省。

アメリカンスクール(英語研修組)の外交官として同期の折田正樹と共に将来を嘱望される。1995年(平成7年)、北朝鮮外交に対応するため、加藤がアジア局長に、折田正樹が北米局長に任命された。総合外交政策局長、外務審議官(政治担当)などを歴任し、2001年(平成13年)10月に駐米大使に任命される。

加藤は入省直後から4回の在米勤務経験があり、外務省有数の米国通としてリチャード・アーミテージなど共和党系を中心とした外交・安全保障の閣僚クラス・大統領補佐官・連邦議員などに豊富な人脈を有していた。駐米大使としては戦後最長となる6年半にわたる任期を務め上げ、日米関係の発展に尽力した。アメリカのシンクタンクは加藤の功績を称えて「加藤良三記念賞」を創設した[1]

アメリカ合衆国下院121号決議に対しては、決議案に書かれた「20世紀最大の人身売買」「集団強姦」「身体切断」などといった文面に対する反論ではなく、日本政府は既に謝罪を行っているとの立場で採択への反対論を展開し、決議案の委員会採決直前には米下院の有力者に決議案全面撤回を求める書簡を送っている。この文書で加藤は「仮に決議案が可決された場合、日本政府はイラク復興や対テロ戦争でのアメリカへの支援の見直しなども含めた対策を取らざるを得ないだろう。日米の友好関係に長期にわたって悪影響を与える。」と主張し、決議案の全面撤回を求めた[2]

2008年7月日本野球機構のコミッショナーに就任(根來泰周代行の後任)。

日本プロ野球コミッショナー[編集]

外交官になる以前からの野球好きで、公邸にはサインボールなどのコレクションを100点以上展示していた。駐米大使時代はブッシュ大統領に堂々と「野球のファンだ」と言い切り、2002年ソフトバンク監督王貞治コリン・パウエル国務長官との会談の席を設けるなど野球外交を展開[3]WBC大リーグで始球式を務め[4]、日米のホームラン王であるハンク・アーロンと王を日本大使公邸に招いてパーティーを開くなど、国内外の野球界に広く通じていた[5]

2008年6月18日、都内で開かれたプロ野球12球団のオーナー会議にて第12代コミッショナーに選任された。記者会見では中学時代に父からプレゼントされた川上哲治のサインバットを取り出して野球への想いを語った[6]

2009年第2回WBC終了後、日本代表の大会3連覇に向けてプロ野球の使用球をWBCで使われる米国のボールに合わせるべきとの見解を発表[7][8]。コミッショナー主導の下、2010年夏に翌シーズンからの統一球導入が決まった[9]。加藤は統一球の導入により「国際試合でもNPBの選手のボールに対する違和感が少なくなることを期待」すると述べ[10]、このボールが国際大会使用球となることを目指すとした[11]。また、すべての統一球には加藤のサインが刻印された。

2011年3月、東日本大震災の影響でプロ野球の開幕延期が議論される中、選手会の反対を押し切ってセ・リーグは予定通り3月25日に開幕すると発表[12]。翌日に文部科学省から東京電力・東北電力管内での試合はできるだけ開催しないこととナイターの自粛を求められたが[13]、加藤は取材を受けず、コメントも出さなかった[14]。22日に新井貴浩選手会会長らと高木義明文部科学相、蓮舫節電啓発担当相を訪ねた際、東京電力と東北電力管内でのナイター自粛を要請され、選手会との協調も重ねて指導された。翌23日、「狭い利益ではなく、選手会を含めた野球世界全体として考えるべき。今の時期に野球をやることは不謹慎だとは思わない。SMAPだって何だって、仕事をするんだと言っていた。」と主張した[15]。シーズン終了後には統一球の導入により本塁打数が激減したことが問題になったが、統一球に対応できてこそ「一流の一流である」との私見を述べ、各打者の技術向上を要望した[16]

第3回WBCへの参加をめぐる問題においては、米国が主導権を握る収益配分の不均衡を問題視した選手会から不参加決議がなされた後も[17]、「ファンのために」「(震災の)復興支援」として「参加すべきだ」と主張[18]。後に選手会は不参加決議を撤回したが、選手会会長の新井は記者会見で「残念でなりません」とし、日本代表が持つべき権利の交渉について「トップである加藤コミッショナーが主導権を取り、MLBと対決しないといけない」と加藤を批判した[19]

2012年11月20日に行われた巨人の日本一祝賀会に出席[20]。壇上で挨拶した加藤は「今年は日米でジャイアンツの年でした。ワールドシリーズではサンフランシスコ・ジャイアンツが4戦全勝。読売ジャイアンツは4勝2敗。もし読売ジャイアンツが4勝0敗なら、私がいるNPBは赤字になる。2試合(多く)やれば、数億円儲かるだろうといわれている。いろんな配慮をいただいたという説がないことはないのであります。御礼申し上げます」[20]、「読売ジャイアンツには世にもまれなる発信力と影響力を持つ球団会長がおられます。サンフランシスコ・ジャイアンツにはおられません。米国の30球団にもいない。それも読売ジャイアンツの強みではないかと。今回の読売ジャイアンツの見事な完全優勝を日本には嫌がる人もいるけれど、より多くの野球ファンは喜んだのではないか。日本野球全体の活力につながる完全優勝だったと思います」などと発言した[20]

2013年6月12日、統一球の仕様変更を公表していなかった問題で会見を開き、混乱を招いたことについて謝罪する一方で、加藤の了承の上で変更が行われたという下田事務局長の主張について「昨日まで全く知りませんでした。」と否定し、責任を追及する記者に対しては「不祥事を起こしたとは思っていません」と答えた[21][22]。この発言に対し苦情が殺到したため、14日の会見では「ファン、選手の方々に迷惑をおかけしたことについては大変な失態であったと思い、猛省しております」と述べたが、辞任については重ねて否定した[23]。一方、実際には統一球検査の報告を随時受けていたことが取材で発覚した[24]が、9月19日のプロ野球12球団オーナー会議の席上で挨拶し、日本シリーズ前日の10月25日までにコミッショナー辞職する事を表明した[25]

職歴[編集]

外務省同期入省者[編集]

家族[編集]

妻は法眼晋作(元外務事務次官)の二女。仲人は第7代日本プロ野球コミッショナーの下田武三である[3]

脚注[編集]

  1. ^ 選択』(選択出版) 2008年6月号 p18
  2. ^ 「慰安婦決議案『日米に害及ぼす』加藤駐米大使が警告」産経新聞7月20日付
  3. ^ a b 雑誌「週刊ベースボール」(ベースボールマガジン社刊)2008年7月7日号30-31ページ「日本の野球を勝者にしたい」
  4. ^ 羅府新報2007年6月17日
  5. ^ 新コミッショナーに駐米大使の加藤氏 nikkansports.com 2008年4月10日
  6. ^ 新コミッショナー加藤氏「米にモノ言う」 nikkansports.com 2008年6月19日
  7. ^ 加藤コミッショナーがWBCを総括 nikkansports.com 2009年3月28日
  8. ^ WBC3連覇へ加藤Cが「世界統一球を」 nikkansports.com 2009年12月9日
  9. ^ セ・パ“国際球”に統一 今秋から導入 nikkansports.com 2010年6月15日
  10. ^ 2011年シーズンから使用する統一球について npb 2010年8月23日
  11. ^ 来季統一球はWBC使用球採用目指す nikkansports.com2010年9月1日
  12. ^ ナイター強行 セ批判覚悟の3・25開幕 nikkansports.com 2011年3月18日
  13. ^ 社団法人日本野球機構に対する通知について 文部科学省3月18日
  14. ^ 加藤氏、文科省要請に取材対応せず サンスポ2011年3月18日
  15. ^ 加藤コミッショナー「SMAPだって仕事」日刊スポーツ 2011年3月23日
  16. ^ 加藤コミッショナー来季も統一球使用明言 nikkansports.com 2011年12月22日
  17. ^ WBC3連覇は…選手会が不参加決議 nikkansports.com 2012年7月21日
  18. ^ 加藤コミ、WBC参加意義訴える nikkansports.com 2012年8月29日
  19. ^ 新井選手会会長 加藤コミッショナーを痛烈批判 スポーツニッポン 2012年9月4日
  20. ^ a b c 日刊ゲンダイ、加藤コミッショナーの正体見たり 日本一祝賀会で巨人賛辞の噴飯、2012年11月21日
  21. ^ 加藤コミッショナー「知らなかった」 nikkansports.com 2013年6月13日
  22. ^ 「不祥事ではない」/一問一答 nikkansports.com 2013年6月13日
  23. ^ 加藤氏反省「大変な失態」今後は第三委へ nikkansports.com 2013年6月15日
  24. ^ 統一球検査、随時報告受けていた 加藤コミッショナー 朝日新聞 2013年6月14日
  25. ^ 加藤コミッショナーが辞任表明 NHK NEWS WEB 2013年9月19日付
先代:

川島裕
日本国外務省総合外交政策局長
1997年 - 1999年
加藤良三
次代:

竹内行夫