富田朝彦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

富田 朝彦(とみた ともひこ、大正9年(1920年7月3日 - 平成15年(2003年11月13日)は、昭和期の日本官僚。第3代宮内庁長官。北海道出身。

経歴[編集]

函館中学旧制二高を経て、昭和18年(1943年東京帝国大学法学部を卒業後、海軍を志願し、同年9月30日海軍三校のひとつ海軍経理学校に入学。

海軍時代[編集]

1944年2月同校を卒業し海軍主計将校(主計科短期現役第10期)となる。最終階級は海軍主計大尉(だいい)。

戦後官僚時代[編集]

内務省を経て、警察庁に入り警視庁交通部長、警察庁長官官房長、警察庁警備局長を歴任する。警備局長時代の警察庁長官後藤田正晴あさま山荘事件などを担当した。その後、警視庁副総監、内閣調査室長を経て、昭和49年(1974年11月26日宮内庁次長、昭和53年(1978年)宮内庁長官に就任した。

平成4年(1992年11月3日勲一等瑞宝章受章。平成15年(2003年)11月13日、心不全のため東京都内の自宅で死去した。83歳没[1]。叙・正三位

親族[編集]

父は富田朝一[2]政治学者富田広士は長男。 沖縄反基地運動家の富田晋は孫。岳父に島本融

事跡[編集]

天皇の開腹手術を決断[編集]

昭和62年(1987年)昭和天皇は、十二指腸乳頭周囲の治療のため、バイパス手術を行うこととなったが、富田は歴代天皇最初の開腹手術の実施を宮内庁長官として決断した[1]。かつては直接の鍼灸さえもためらわれた天皇の開腹手術は衝撃的な出来事であった。

退任以降[編集]

昭和63年(1988年6月14日宮内庁長官を辞任し、後任には、同次長の藤森昭一が昇格した。 以後、宮内庁参与、国家公安委員会委員などの公職や財団法人菊葉文化協会理事長、財団法人昭和聖徳記念財団理事を務め、昭和天皇の聖蹟について講演活動を行うなど皇室を見守った。

富田メモおよび関連の騒動[編集]

平成18年(2006年7月20日に富田が生前に昭和天皇、および側近の発言などを記録した日記が遺族によって日本経済新聞に一部が公表された。いわゆる「富田メモ」である。『昭和天皇が靖国神社が戦争責任者であるA級戦犯を合祀したことに不快感を抱いたために、1975年11月21日の参拝を最後に靖国神社へ行くことを止めた』といった内容だとされ、その解釈をめぐり議論を呼んだ。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b “富田朝彦氏死去 元宮内庁長官”. 共同通信社. 47NEWS. (2003年11月13日). http://www.47news.jp/CN/200311/CN2003111401000314.html 2012年10月8日閲覧。 
  2. ^ 『日本紳士録』 交詢社

関連項目[編集]