鎌倉節

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

鎌倉 節(かまくら さだめ、1930年昭和5年)4月27日 - )は、日本官僚

来歴・人物[編集]

高知県出身。高知城東中高知高等学校 (旧制)を経て、1954年(昭和29年)東京大学法学部卒業。警察庁同期採用者の佐々淳行と共にキャリアとして評価された。

内閣調査室長、警視総監など次々と昇進を重ね、1994年平成6年)に宮内庁次長となる。

警視総監時代、警察官僚OBであり、当時の内閣官房長官だった後藤田正晴の要請を受け、東芝機械ココム違反事件の捜査を命じた。

1996年(平成8年)に藤森昭一長官が退任後、宮内庁長官に就任、2001年(平成13年)まで勤めて退官した。2002年(平成14年)4月29日勲一等瑞宝章受章。

財団法人全日本交通安全協会理事長、社団法人日本自動車連盟会長、社団法人全国警友会連合会会長等を歴任。