清澄寺 (鴨川市)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
清澄寺
Seityouji.jpg
大堂
所在地 千葉県鴨川市清澄322-1
位置 北緯35度9分39.5秒
東経140度9分4.8秒
山号 千光山
宗派 日蓮宗
寺格 大本山(霊蹟寺院)
本尊 虚空蔵菩薩
創建年 伝・771年(宝亀2年)
開山 伝・不思議法師
正式名 千光山清澄寺
札所等 安房国札三十四観音霊場17番
東国花の寺百ヶ寺千葉11番
文化財 中門ほか
テンプレートを表示

清澄寺(せいちょうじ)は、千葉県鴨川市清澄にある日蓮宗大本山山号は千光山。日蓮出家得度および立教開宗した寺とされ、久遠寺池上本門寺誕生寺とともに日蓮宗四霊場と呼ばれる[1]

なお、本堂のある清澄山(きよすみやま)についても本項で触れる。

概要[編集]

寺の縁起によれば、旅の僧(聖僧)が当地を訪れて虚空蔵菩薩を祀る一寺を建立し、山岳信仰霊場となったという。僧の素性は不明で、「不思議法師」と呼ばれた。山頂近くに古いの木があり怪しく千光を発していたことから山号を千光山とし、柏の木の下に水の涸れた池があって、加持すると清泉がたちまちに沸いたことから寺号を清澄寺としたという。

歴史[編集]

  • 771年(宝亀2年)不思議法師が訪れて虚空蔵菩薩を祀り、開山する。
  • 836年(承和3年)円仁(慈覚大師)が訪れて再興し、天台宗となる。
  • 1096年(嘉保3年)による火災で堂宇が焼失し、国守源親元が再建する。
  • 1157年(嘉禄元年)北条政子千日講を催し、宝塔輪蔵が造立されたほか大蔵経4,000巻余が納経された。
  • 1233年(天福元年)道善を師として、日蓮が入門する。
  • 1253年(建長5年)日蓮が立教開宗を宣言する。
  • 1387年(至徳4年)三宝院弘賢は、清澄寺の別当職に就く。
  • 1392年(明徳3年)梵鐘を鋳造する。
  • 1618年(元和4年)徳川秀忠の命により、智積院頼勢が入寺し、真言宗に改宗する。
  • 1920年(大正9年)真言宗清澄寺30世玉瀧義秀住職が法華山門不入を解き盛大に立教開宗会を催す。
  • 1949年(昭和24年)真言宗清澄寺31世岩村義運住職が末寺45ヶ寺とは袂を分かち真言宗智山派から日蓮宗に改宗する。岩村義運上人は日蓮宗大本山清澄寺1世貫首となるがすぐに下山。以降貫首は日蓮宗管長が就任し寺務を司る別当職が置かれている。
  • 1973年(昭和48年)堀日栄別当代に祖師堂建立。

文化財[編集]

  • 清澄寺中門(千葉県指定有形文化財)
  • 清澄寺石造宝篋印塔(千葉県指定有形文化財)
  • 清澄寺石幢(千葉県指定有形文化財)
  • 梵鐘(千葉県指定有形文化財)
  • 旭森経塚遺物(千葉県指定有形文化財)
  • 清澄寺石造宝篋印塔(鴨川市指定有形文化財)
  • 木造薬師如来坐像(鴨川市指定有形文化財)
  • 木造如来立像(鴨川市指定有形文化財)
  • 銅造観音菩薩立像(鴨川市指定有形文化財)

天然記念物[編集]

地理[編集]

清澄山の主峰は標高383mの妙見山で、千葉県で2番目に高い山である[2]。なお、本堂付近の標高は約310メートルである。

南房総国定公園に含まれており、北斜面には暖帯性、南斜面には亜熱帯性の植物が自生する植物分布の境界となっている。また、安房・上総の分水界であり、養老川小櫃川も清澄山を源流とする。地質学的には新第三紀に形成され、泥板岩砂岩で構成される。

山周辺には旭が森があり仏舎利塔も建つ。清澄山は本土で一番早く初日の出が拝める場所でもあり節分には豆まきも行われている。また、山周辺の一帯には東京大学農学部演習林がある。

交通アクセス[編集]

隣の札所[編集]

安房国札三十四観音霊場
16 石間寺 -- 17 清澄寺 -- 18 石見堂

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 「日本歴史地名大系」
  2. ^ 「角川日本地名大辞典(12.千葉県)」

外部リンク[編集]