團琢磨

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
團琢磨
團琢磨
別名 神尾駒吉(幼名)
国籍 大日本帝国の旗 大日本帝国
生誕 1858年9月7日
筑前国早良郡福岡荒戸町
死没 1932年3月5日(満73歳没)
大日本帝国の旗 大日本帝国東京府東京市日本橋区日本橋
最終学歴 マサチューセッツ工科大学
職業 三井合名会社理事長
配偶者 團芳子
両親 父:神尾宅之丞、養父:團尚静
子供 團伊能團勝磨
業績
勤務先 大阪専門学校
東京大学
工部省
三井三池炭鉱
三井鉱山
成果 三池港の築港、三池鉄道の敷設、大牟田川の浚渫
受賞歴 男爵
テンプレートを表示

團 琢磨(だん たくま 安政5年8月1日1858年9月7日) - 1932年昭和7年)3月5日)は、日本工学者実業家爵位男爵アメリカで鉱山学を学び、三井三池炭鉱の経営を行う。経営を成功させ、三井財閥の総帥となった。三井合名会社理事長、日本工業倶楽部初代理事長などを歴任した。

生涯[編集]

マサチューセッツ工科大学在学中の團琢磨(左、中央は親友の金子堅太郎、右は栗野慎一郎、1875年)

安政5年(1858年)8月1日、筑前国福岡荒戸町(現在の福岡県福岡市中央区荒戸)で、福岡藩士馬廻役神尾宅之丞の四男として生まれる。幼名は駒吉。12歳の時、藩の勘定奉行團尚静の養子となり、藩校修猷館に学ぶ。明治4年(1871年)、金子堅太郎と共に旧知藩事黒田長知の供をして岩倉使節団に同行して渡米し、そのまま留学する。

1878年(明治11年)、マサチューセッツ工科大学鉱山学科を卒業し帰国する。一緒に渡米した金子はハーバード大学へ進むが、その後も二人の交友は続き、後に金子の妹芳子と結婚してその義弟となっている。帰国後は、大阪専門学校(旧制第三高等学校の前身)助教授 、次いで東京大学理学部助教授となり、工学天文学などを教える。

1884年(明治17年)に工部省に移り、鉱山局次席、更に三池鉱山局技師となる。採炭技術の習得のために渡欧し、1888年(明治21年)に三池鉱山が政府から三井に売却された後はそのまま三井に移り、三井三池炭鉱社事務長に就任する。三大工事といわれる三池港の築港、三池鉄道の敷設、大牟田川の浚渫を行い、また渡欧時に大型ポンプ技術を習得しており、英国のデーヴィポンプを周囲の反対を押し切る形で採用し、水没した勝立坑の排水問題を解決した。1893年(明治26年)、三井鉱山合資会社専務理事となる。1899年(明治32年)、工学博士号を受ける。

1909年(明治42年)、三井鉱山会長となる。この頃、團の手腕により三井鉱山の利益は三井銀行を追い抜いて三井物産と肩を並べるようになり、「三井のドル箱」と言われた三池が三井財閥形成の原動力となった。こうして團は三池を背景に三井の中で発言力を強め、1914年大正3年)には益田孝の後任として三井合名会社理事長に就任し、三井財閥の総帥となる。

1917年(大正6年)、日本工業倶楽部を設立し初代理事長に就任する。1922年(大正11年)、井上準之助日本経済聯盟会日本経済団体連合会の前身)を設立し、翌年に同理事長、1928年昭和3年)には同会長となり、名実ともに日本経財界の旗振り役となる。また、同年には多年の功労により男爵位を授爵している。

しかし昭和金融恐慌の際、三井がドルを買い占めたことを批判され、財閥に対する非難の矢面に立つことになった。1932年(昭和7年)3月5日、東京日本橋三越本店寄り三井本館入り口で血盟団菱沼五郎に狙撃され、暗殺された(血盟団事件)。墓所は東京都文京区護国寺にある。

1992年平成4年)には関勉によって小惑星が発見され(小惑星番号17508番)、「團琢磨」と命名された。2011年(平成23年)に九州新幹線鹿児島ルートが全通した際は、團の功を称えて新大牟田駅前に銅像が建てられている。

家族・親族[編集]

三井鉱山会長、昭和飛行機工業の初代社長などを歴任した牧田環(工学博士)は長女・めいの夫、日本石油社長を務めた小倉房蔵は三女・スミの夫[1]。実業家の團伊能は長男[2]ウニ胚発生研究を大成した発生学者の團勝磨は次男[2]。伊能の妻は宮内省大膳頭を務めた上野季三郎の五女・美智子[3][4]作曲家團伊玖磨は孫(伊能・美智子夫妻の長男)[2]群馬大学教授の團名保紀建築家團紀彦はともに曾孫(名保紀は伊玖磨の長男、紀彦は伊玖磨の次男)[2]女優團遥香は玄孫(伊玖磨の孫娘[5][6]で紀彦の娘)[5][7]

系譜[編集]

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
由紀夫
 
紀一郎
 
 
 
鳩山和夫
 
一郎
 
威一郎
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
服部金太郎
 
玄三
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
英子
 
 
安子
 
 
 
 
 
 
 
太郎
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
邦夫
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
加藤厚太郎
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
二郎
 
 
 
 
 
 
 
 
 
富美子
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
エミリ
 
 
 
 
 
 
 
上野季三郎
 
 
石橋正二郎
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
華子
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
J・K・ベアード
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
佐々木行忠
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
理沙
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
米子
 
 
幹一郎
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
美智子
 
 
朗子
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
名保紀
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
伊能
 
 
伊玖磨
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
紀彦
 
遥香
 
 
 
 
 
 
 
スミ
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
知恵子
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
團琢磨
 
 
小倉房蔵
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
小倉重勝
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
芳子
 
 
めい
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
齊藤了英
 
公紀
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
牧田環
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
勝磨
 
まりな
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

参考文献[編集]

脚注・出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 佐藤『豪閥』、189頁。
  2. ^ a b c d 小谷野『日本の有名一族』、45-46頁。
  3. ^ 『昭和人名辞典 第1巻 東京編』、633頁。
  4. ^ 佐藤『門閥』、449-451頁。
  5. ^ a b 大牟田市定例市長会見 平成23年2月9日開催
  6. ^ 【来る年・来る娘】團遥香 - SANSPO.COM 2011年1月4日
  7. ^ 新大牟田駅開業イベント

外部リンク[編集]