下条妙蓮寺

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
下条妙蓮寺
Myorenji omotemon.jpg

妙蓮寺表門
所在地 静岡県富士宮市下条688
宗派 日蓮正宗
創建年 正中元年(1324年
テンプレートを表示
妙蓮寺客殿

下条妙蓮寺(しもじょうみょうれんじ)は、静岡県富士宮市にある日蓮正宗の本山格寺院である。山号は多宝富士山。正式名称は妙蓮寺日興の法脈を継承し、勝劣派、宗祖本仏論を奉ずる富士門流に属してきた。かつては静岡県の旧駿河の東部に分布する大石寺北山本門寺西山本門寺小泉久遠寺とともに同門流の「富士五山」を構成し、かつ京都要法寺伊豆実成寺保田妙本寺とあわせて「興門八本山」のひとつにも数えられた。明治期には富士門流の統一教団日蓮宗興門派(のち本門宗)の結成に参加、興門八本山より輪番制で就任する同宗の管長には、第3代として寺堀日善、第13代・21代として稲葉日穏などが着任した。現在の住職は46代・漆畑行雄(日蓮正宗宗務院海外部長)である。

表門及び客殿は、この地方に残る木造建築としては最大級のもので、富士宮市指定文化財に指定されている[1]

沿革[編集]

正中元年(1324年大石寺開基の南条時光が、妻妙蓮尼の一周忌供養のため自らの邸宅跡を寺院とし、開山に寂日房日華上人を招いて建立。

開基とされる寂日房(じゃくにちぼう)日華(にっけ)師は、大石寺住職(日蓮正宗法主)にのみ与えられる上人号を許され、「日華(にっけ)上人」と古来号されており、妙蓮寺と同じく「日華上人」開基とされる日蓮正宗総本山大石寺塔中寂日坊は「代官坊」と称され、塔中寺院すべての山門並びに塀が黒漆であるにも関わらず、寂日坊だけは朱塗りとされてきた。これは「日華上人」が大石寺開山(日蓮正宗第二祖)日興をよく補佐し、代官を務めたことによるとされている。

したがって古来、妙蓮寺の山法山規はすべて大石寺に準じており、大石寺と通用があることは常識的であったが、戦後の宗教法人法改正までは、あえてことを荒立てることなく、純粋に大石寺に準じて僧俗和合して寺運興隆を図ってきた。

伽藍[編集]

塔中に7ヶ坊(本妙坊、心教坊、蓮光坊、蓮一坊、蓮二坊、蓮三坊、蓮四坊)があり、他に忠正寺(富士宮市)、蓮光寺(富士宮市)等の末寺がある。伽藍は、本堂(御影堂)・客殿・開基堂(日華堂)・方丈・山門・墓地等よりなる。

境内地[編集]

妙蓮寺が南条邸跡であることは、総本山大石寺17世日精上人の「家中抄日華伝」に「時光の旧宅を転じて寺となす。堀之内と号す。南条の堀之内なる故なり。今の妙蓮寺是れなり。」(日蓮正宗聖典666)とあることから、古来より争いはなかった。

現在の境内地は、戦後の農地解放で縮小されているが、元々の境内地は、妙蓮寺の寺名ともなっている妙蓮尊尼の墓所(現在の御影堂の約200メートル北)周辺を北限とし、妙蓮寺の南側墓地と下之坊の中間付近にあった総門(古来、大門と称す。元文2[1737]に消失)付近を南限としていた。これらのことから、妙蓮寺は富士五山の中では、やや小さいながらも南北で1km以上の境内地を有していたと考えられる。

また旧境内における東西の際は江戸時代の古絵図によれば、東の際は大堰堀(おおぜきぼり)、西の際は大堰の支流である半兵衛堀(はんべえぼり)であったと考えられる。上野の中心的用水路である大堰は、上野村誌(諸記録22巻365頁)によれば、現在のように水量豊富でなかったにせよ、徳川以前から存在したことが確実であるとされる。南条家の後に上野に入植した地頭は存在しなかったと考えられることから、或はこれらの用水路は南条家による事業であろうか、更検。

ちなみに、上野の用水路は全て芝川(狩宿付近)より取水している。芝川は安定かつ豊富な水量がわき水を水源として流れる川である。上野には東に潤井川があるが、潤井川は富士山の雪解け水を水源とした水量の安定しない川であることから、上野の耕作田を潤すには不十分であるとして、取水されなかったと考えられる。この他に、中堰堀(なかぜきぼり)・新堀といった用水路が上野にはあるが、新堀は中堰の支流で、中堰堀の成立は上野村誌(諸記録22巻367頁)では、大堰堀とほぼ同時期と推定している。

大行尊霊(南条時光)墓所[編集]

大行尊霊(南条時光)の墓所は、妙蓮寺の南西約1kmの宮前(みやのまえ)に所在している。

時光の父、南条兵衛七郎の墓所はさらに南西200メートルほどの高土(たかんど)に所在し、文永2[1265]に日蓮大聖人が南条兵衛七郎の墓参に訪れた際も、高土を訪れたと考えられている。

現在、時光の墓地には、妙蓮寺44代漆畑日広上人により、昭和37年に建立された石塔が建つが、その際に時光の父である兵衛七郎と母尼の石塔も併せて建立されている。

大行尊霊の墓地が元々宮前に所在したのか、それとも一旦は父と同じ高土に埋葬されたのかは定かでないが、通説では、一旦は高土を墓所として、後に現在地に移されたものと解されている。

現在、日広上人が建立した石塔の後ろには妙蓮寺19世南条阿闍梨日諦上人が明暦元年(1655)に建立した旧石塔がある。墓地が移転したとすれば、これより以前のこととなるが、或は日諦上人が移転の措置を講じたものか。いずれにせよ、大行尊霊の墓所が元々妙蓮寺の管理にかかるものであったことがわかる。

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c 富士宮市教育委員会による、表門脇の案内板より。