末法

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

末法(まっぽう)とは、仏教で、仏の教のみが存在して悟りに入る人がいない時期のこと。または、釈迦の死後1,500年(または2,000年)以降の時期のことである。

概説[編集]

末法というのは、正法(しょうぼう)、像法(ぞうぼう)の後に位置づけられている時期のことである。正法・像法・末法という三時(さんじ)のひとつである。

末法というのは、仏の在世から遠く隔たったため、教法が次第に微細・瑣末になり、僧侶が戒律を修めず、争いばかりを起こして邪見がはびこり、釈迦の仏教がその効力をなくしてしまう時期とされる。

三時の長さのとらえかたには諸説あり、一説には、正法 千年、像法千年、末法 一万年とされ[要出典]、多くはこの説をとっている。

日本では『末法燈明記[1]では1052年永承7年)に末法に入ったとされた[2]

脚注[編集]

  1. ^ なお『末法燈明記』は、日蓮等の鎌倉仏教の多くの祖師は最澄の著述だと定めた。現在では『末法燈明記』というのは最澄に仮託して書かれた文献、と説明されることがある。 
  2. ^ 注 - 近年の仏教学では、釈迦入滅年に関しては諸説あるものの、確かなことは判っていない。

関連項目[編集]

関連文献[編集]