ロスキレ大聖堂

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
世界遺産 ロスキレ大聖堂
デンマーク
ロスキレ大聖堂
ロスキレ大聖堂
英名 Roskilde Cathedral
仏名 Cathédrale de Roskilde
登録区分 文化遺産
登録基準 (2),(4)
登録年 1995年
公式サイト ユネスコ本部(英語)
地図
ロスキレ大聖堂の位置
使用方法表示

座標: 北緯55度38分33.7秒 東経12度4分47.55秒 / 北緯55.642694度 東経12.0798750度 / 55.642694; 12.0798750 ロスキレ大聖堂デンマーク語: Roskilde Domkirke)は、デンマークシェラン島コペンハーゲン近郊ロスキレ市の中央にあるゴシック様式の大聖堂である。北ヨーロッパの「煉瓦ゴシック様式」の典型である。

ロスキレ大聖堂は12世紀から13世紀の建築でロマネスク様式とゴシック様式の折衷で、シェラン島に現存する唯一の大聖堂である。

この大聖堂は15世紀からデンマークの代々の君主が葬られてきたことで有名である。1536年宗教改革後は「シェラン島司教座」となっている。

1995年ユネスコ世界遺産に登録された。

登録基準[編集]

この世界遺産は世界遺産登録基準における以下の基準を満たしたと見なされ、登録がなされた(以下の基準は世界遺産センター公表の登録基準からの翻訳、引用である)。

  • (2) ある期間を通じてまたはある文化圏において、建築、技術、記念碑的芸術、都市計画、景観デザインの発展に関し、人類の価値の重要な交流を示すもの。
  • (4) 人類の歴史上重要な時代を例証する建築様式、建築物群、技術の集積または景観の優れた例。

ギャラリー[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]