イルリサット

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
9月のイルリサットのパノラマ

イルリサット(Ilulissat)はグリーンランド西岸中部に位置する町。グリーンランドでシシミウトに次ぎ三番目に大きい町であり、人口は約4,000人。北緯69度の北極圏内にある。かつては、デンマーク語でヤコブスハン Jakobshavnと呼ばれていた。イルリサットのグリーンランド語における意味は「氷塊」である。

イルリサットは直接、海に流出しているイルリサット氷河(Ilulissat ice fjord)の河口にある。この氷河が著名な観光地となっており、観光業が町の主要産業となっている。

歴史[編集]

イルリサットの町は、約3千年前から何度か形成されたことが判明している。現在の町は、1741年デンマーク人宣教師の一団に付随してきた商人のヤコブ・セベリン(Jakob Severin)がこの地に交易拠点を設けたことに由来する。

イルリサット氷河[編集]

世界遺産 イルリサット・
アイスフィヨルド
グリーンランド
イルリサット・アイスフィヨルド
イルリサット・アイスフィヨルド
英名 Ilulissat Icefjord
仏名 Fjord glacé d’Ilulissat
登録区分 自然遺産
登録基準 (7),(8)
登録年 2004年
IUCN分類 Unassigned
公式サイト ユネスコ本部(英語)
使用方法表示

イルリサット氷河は町の側にあり、延長は約40kmでディスコ湾に注いでいる氷河である。氷河の流路は西方向であり、その東端にはヤコブスハン・イズブラエ氷河(Jakobshavn Isbrae Glacier)がある。イルリサット氷河は一日あたり20から35mも流動する氷河であり、年間200億トンの氷の流量がある。氷河より海に流出した氷塊は、砕けて様々な大きさの氷山となるが、氷山のサイズによっては浅海底に接触しその場に留まるものもある。外海に流出した氷山は、海流により一時北方向に運ばれた後に南へ方向を転じ、大西洋へ流出する。なお、イルリサット氷河は2004年世界遺産に登録されている。

登録基準[編集]

この世界遺産は世界遺産登録基準における以下の基準を満たしたと見なされ、登録がなされた(以下の基準は世界遺産センター公表の登録基準からの翻訳、引用である)。

  • (7) ひときわすぐれた自然美及び美的な重要性をもつ最高の自然現象または地域を含むもの。
  • (8) 地球の歴史上の主要な段階を示す顕著な見本であるもの。これには生物の記録、地形の発達における重要な地学的進行過程、重要な地形的特性、自然地理的特性などが含まれる。