カンゲルルススアーク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
カンゲルルススアーク近隣の氷河

カンゲルルススアーク(Kangerlussuaq)はグリーンランド南西部の町。カンゲルルススアークとはグリーンランド語で「大きなフィヨルド」の意味。

歴史[編集]

カンゲルルススアークの歴史は1941年にフィヨルド東部に定住地が作られたことに始まる。これは、第二次世界大戦の影響で、グリーンランドにアメリカ軍が進駐するのに伴い、軍事基地・飛行場として作られたものである。カンゲルルススアークはヨーロッパへの中継点の一つとして用いられた。戦争後の1950年に飛行場はデンマークの管理になったものの、冷戦の開始に伴い1951年にはアメリカ軍の管理下に戻っている。冷戦期間中は、早期警戒拠点および補給拠点として用いられたが、冷戦終結後には必要性が減じていた。1992年9月30日に飛行場はグリーンランド自治政府の管轄になっている。

概要[編集]

カンゲルススアーク空港

カンゲルルススアークは、グリーンランドにおける大型ジェット旅客機が就航できるカンゲルルススアーク空港がある町として、交通の拠点となっている。エア・グリーンランドヌークを初めとするグリーンランド地域内のほか、コペンハーゲンまで週6便運航している。ニューヨーク空軍州兵の第109輸送航空団もこの空港を利用しており、グリーランド各所の研究拠点への支援輸送を行っている。

カンゲルルススアークの人口は約500人。空港および観光産業で成り立っている。カンゲルルススアーク周辺は野生生物が多く、ジャコウウシやカリブーを見ることができる。