神殿の丘

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
第二神殿モデル
神殿の丘
جبل الهيكل
הר הבית
Israel-2013(2)-Aerial-Jerusalem-Temple Mount-Temple Mount (south exposure).jpg
神殿の丘
標高 740 m
所在地 エルサレム東エルサレム
位置 北緯31度46分39.4秒 東経35度14分7.8秒 / 北緯31.777611度 東経35.235500度 / 31.777611; 35.235500
山系 Judean Mountains
種類 石灰岩
テンプレートを表示


神殿の丘(しんでんのおか、アラビア語: جبل الهيكل‎, ヘブライ語: הר הבית‎)は、エルサレムの旧市街にあるユダヤ教イスラム教の聖地である。

概要[編集]

神殿の丘には岩のドーム(西暦690年)とアル=アクサモスク(西暦710年)が建っている。

歴史[編集]

この場所には紀元前10世紀頃、ソロモン王によりエルサレム神殿(第1神殿)が建てられた。しかし、紀元前587年、バビロニアにより神殿は破壊される。その後、紀元前515年に第二神殿が再建されるが、西暦70年に今度はローマにより再び神殿は破壊される。また、このときの城壁の一部が嘆きの壁である。

ヨルダン支配下の東エルサレム(1948年~1967年)では、イスラエル人は旧市街への立ち入りを禁じられていた。現在、神殿の丘はイスラエルの領土内にあるが、管理はイスラム教指導者により行なわれている。そのため、ユダヤ人とキリスト教徒は神殿の丘で宗教的な儀式を行う事を禁止されている。2000年9月28日、右派リクードのシャロン党首が神殿の丘を訪問し、これに反発したパレスチナ市民によりセカンド・インティファーダが引き起こる。この暴力の応酬により2000年7月25日交わされたキャンプ・デービット合意は事実上、破綻している。