マナ (食物)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Alexandr Ivanov 081.jpg

マナ(Manna、ヘブライ語מן, מָן, mān、アラビア語مان, mān)は旧約聖書出エジプト記」第16章に登場する食物。イスラエルの民がシンの荒野で飢えた時、神がモーゼの祈りに応じて天から降らせたという。この時人々は「これは何だろう」と口にし、このことから「これは何だろう」を意味するヘブライ語のマナと呼ばれるようになる。

ヘブライ語とアラビア語ではマーン (מָן, mān) という。マーナーはヘブライ語では全体の一皿の食べ物(コースの中の一品)、数を割った商などの別の意味の言葉である。

マナは、神が作った超自然的なものだとされている。聖書には、「見よ、わたしはあなたたちのために、天からパンを降らせる。」(出エジプト記16:4)と記述されている。また、40年間にも亙って群衆の腹を満たし続けたことからも、自然のものではないとされている。

特徴[編集]

露が乾いたあとに残る薄い鱗もしくは霜のような外見であり、コエンドロの実のように白く、を入れたせんべいのように甘いとされる。早朝に各自一定量ずつ採って食べねばならず、気温が上がると溶けてしまう。また余分に採取する事も許されず、食べずに置くとすぐに腐敗して悪臭を放つ。ただし安息日には降ってこないのでその前日には二倍集めることが許されている。カナンの地に着くまでの四十年間、イスラエルの民の食料だった。これは旧約聖書に登場するエデンの園の林檎(もしくは林檎に似た果物)を暗に指しているのではないかと考えられる。林檎の実は白く、甘い蜜が中に入っている。気温が上がる季節や乾燥地帯においては果物を余分に採取し、食べずに置いておくと腐ってしまう。

自然の産物説[編集]

この聖書の記述に関して様々な説がある。ある説では、シナイ半島にも多く生息するギョリュウ樹液を固めたものであったろうとしている。

また他の説では、マナの伝承が誕生した原像として、カイガラムシなどのカメムシ目ヨコバイ亜目の排泄物である甘露が乾燥したものと想定されている。ヨコバイ亜目の昆虫は植物から吸汁して生活するが、中でも篩管液を専門に摂取するものが多い。植物の篩管の中の液には糖分は多量に溶けているが、アミノ酸やビタミンB群など他の栄養素は乏しい。そのため、これらの昆虫の消化管には濾過室と呼ばれる器官があって、過剰の糖分と水分を消化管後部に短絡させて排泄してしまう。これが甘露であり、西アジアのような乾燥地帯では水分がすぐに蒸発するため、植物に群がったカイガラムシの下で霜のように堆積した甘露の成分が容易に採集できる。後世の西アジア遊牧民の民俗例でも、実際にこれを採取して食用にする事例が報告されている。イラクでは、乾燥した甘露を採取した後、不純物を取り除いてヌガーのような菓子を作る。しかし、イスラエルの民は、マナを集めるための壷を抱えていたともされるので、何らかの固形の自然の産物、果物もしくは実であった可能性もある。現に西アジア(ウイグル・カザフスタン)付近はリンゴの原産地である事で知られている。

外部リンク[編集]