ユダ族

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ユダ族(ユダぞく, שבט יהודה)は、イスラエル王国を構成していた12氏族のうちの一氏族。ヤコブの4人目の息子ユダを祖とし、ユダヤの名称の語源となった。

イスラエル王国はユダ族を含む2氏族によって構成されるユダ王国と、10氏族によって構成される北イスラエル王国に分裂する。北イスラエル王国はアッシリアに滅ぼされ、残ったユダ王国はバビロニアによって滅ぼされ、バビロン捕囚と呼ばれる大規模な民族移住策がとられた。

ユダ族の居住していた地方は、旧約聖書の時代にはユダ、新約聖書の時代にはユダヤとよばれ、ここからユダヤ人(イェフーディー)、ユダヤ教(ヤハドゥート)という名称が派生した。

参考文献[編集]