ビルハ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ビルハヘブライ語: בִּלְהָה‎, Bilhah, Bilhāh)は、『旧約聖書』の創世記に登場する女性。ラバンが娘ラケルに与えた女奴隷である。名はアラビア語の「バリハ」との関連で「単純」「無関心」の意味であると言われる。イスラエルの12部族の開祖ダンナフタリの母である。

ヤコブの妻になったラケルには、子供が長い間生まれなかったので、ラケルは、当時の一般的な社会の慣習に従い、自分の女奴隷をヤコブにそばめとして与えて、子を産ませた。二人の子を産んで、ラケルはダンとナフタリという名前を与え、ラケルは自分のものであると主張した。

後にヤコブの長子ルベンは、ビルハと姦淫の罪を犯した。

参考文献[編集]