ヨセフ族

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ヨセフ族(ヨセフぞく)はイスラエルの12部族のうちの一つであり、ヨセフ族はエフライム族マナセ族の二つの半部族に分離して、両方とも北イスラエル王国に属した。

歴史[編集]

ヨセフが自分の子供、マナセとエフライムを父ヤコブのもとにつれてきた時に、2二人の子供について祝福を受けさせて、将来について祈ってもらった。[1]

後に、マナセ族エフライム族という2つの半部族に分かれ各々が1つの部族として独立していったため、ヨセフ族という名称は用いられなくなった。このため、この2部族をイスラエルの12部族の中に加え、代わってレビ族とヨセフ族を12部族から除外することが多い。

ヨハネの黙示録に神によって額に印を押されたイスラエルの12部族の中に、ヨセフ族が12部族の一つとして数えられている。[2]

脚注[編集]

  1. ^ 創世記48章1節-22節
  2. ^ ヨハネの黙示録7章8節

関連項目[編集]

参考文献[編集]

  • 上沼昌雄『新聖書辞典』いのちのことば社、1985年