ガド族

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ガド族(ガドぞく)は古代イスラエルの十二氏族を構成していた、部族の一つである。始祖のガドヤコブの7番目の息子で、レアの女奴隷がジルパが生んだ最初の子供である。一族でエジプトに移住する際には7人の子供がいた[1]

歴史[編集]

出エジプトの時には、20歳以上で軍務につくことができた男子の数は、45,650人であった[2]。2度目の人口調査の時には、40500人に減少していた[3]

パレスチナ占領前に、荒野ではルベン族の隣、幕屋の南側に宿営した。約束の地では、ルベン族マナセ族と共に、羊飼いとして、ヨルダン川の向こう側に留まった。

ガド族は多数の家畜を所有していたので、牧畜の適したヨルダン川の東側を所有地として求めて与えられた[4]

カナン人との戦いの際には、ルベン族マナセ族と共に戦う責任を負った。ヨルダン川の西部、西パレスチナの征服作戦においては、先鋒で戦った。戦いを終えて帰還する際に、ヨシュアから祝福を受けている[5]

ガド族、ルベン族、マナセ族は自分たちがヨルダン川の反対側にいる民と一つであることを表す為に、ヨルダン川のそばに大きな祭壇を築いた。しかし、これは律法に違反していたので他の部族の反発を招いた。その後、他の部族は調査団を派遣して、東側の部族が分裂活動をしている疑いはないことを確認して和解した[6]

ガド族の領土は、ヨルダン川の東側の中央部の、エモリ人の王シホンが治めていた地であった。北にマナセ族、南にルベン族が位置して、北はキネレテ湖で、南はヘシュボンまでであった。

ガド族の町のディボンで、モアブの石碑が発見された。

日ユ同祖論[編集]

小谷部全一郎は著書『日本および日本民族の紀元』の中で、天皇をあらわす「ミカド」がもともと「ミガド」と発音されて、「御ガド」であり、ガド族にルーツがあると主張した。[7]

また、ユダヤ教のラビサミュエル・グリーンバーグは、「ミカド」がヘブル語の「ガド族出身」の意味であるとして、天皇家のルーツがガド族であることを主張している。

これらから、日ユ同祖論者は天皇家のルーツをガド族にあると主張してきた。しかし、近年、主流の学説では否定されている[8]

飛鳥昭雄は、ガド族の一支族がマナの壷を継承し、それが、日本にもたらされ伊勢神宮の外宮にあるという説を唱えている。[9]

脚注[編集]

  1. ^ 創世記30章11節
  2. ^ 民数記26章18節
  3. ^ 民数記26章18節
  4. ^ 民数記32章、ヨシュア記18章7節
  5. ^ ヨシュア記22章1節-9節
  6. ^ 申命記12章1節-4節、ヨシュア記22章10節-34節
  7. ^ 飛鳥昭雄三神たける『失われたイエス・キリスト「天照大神」の謎』学研研究社、1998年、175ページ
  8. ^ 久保有政『日本の中のユダヤ文化』学研、2003年、190ページ
  9. ^ 『失われたイエス・キリスト「天照大神」の謎』182ページ

 参考文献[編集]

  • 『新聖書辞典』いのちのことば社、1985年